エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

観月ありさ、松下由樹と久々の共演 「由樹さん踊って」難題も飛び出す

 制作発表に出席した観月ありさ(左)と松下由樹

 女優の観月ありさと松下由樹が、22日に東京都内で行われた座・ALISA Reading Concert喜歌劇「天国と地獄」オッフェンバック原作より「『12月25日、雪』?天国と地獄?」制作発表に出席した。

 観月が中心となり、異なる分野で活躍する仲間たちとともに旗揚げした「座・ALISA」の第1回目となる公演。「天国と地獄」のオペレッタを原作に、日本のクリスマスに起こった悲喜劇にリライトした、女性賛歌のリーディング・コンサート作品だ。5月の観月のリーディング・コンサートに続き、A.B.C?Zの五関晃一が出演することでも話題を呼んでいる。

 大ヒットを記録したフジテレビ系ドラマシリーズ「ナースのお仕事」以来の共演となる松下は「本当に光栄で、ワクワクして待ちわびています。今回は、大人な、ドラマチックな作品になっていると思うので、また新たな一面を見てもらいたい」と観月との久々の共演を喜んだ。

 一方の観月は「とても楽しみ」と笑顔で松下との共演を喜びながらも、「今回は、由樹さんに踊っていただこうと思っています」と難題を押し付けるプロデューサーぶりも発揮。「座・ALISA」の今後の展開については、「毎年恒例の舞台になればいいなと思っています。今後も、いろいろなテーマで、違う曲で表現していけたらいいなと思います」と語った。

 また、お互いの「すごいところ」を問われると、松下は「動じないところ。初めて会ったのは、彼女が19歳のときだったのですが、若いときからキャピキャピしていなくて、堂に入った姿が頼もしい。こちらも引き込まれるお芝居をするので、今回の舞台も楽しみです」と絶賛。観月は「由樹さんにはいつも引っ張っていただいています。現場で落ち込んだり、悩んでいると気配を感じとって、『どうしたの?』って声をかけてくれる、すごくいい先輩です」と話した。

 さらに、「いい夫婦」の日でもあるこの日、俳優の和田正人が吉木りさとの結婚を発表したことを受けて、共演経験のある松下は、和田の印象を「スポーツマンで、爽やか。かわいらしい方。おめでとうございます」と祝福した。

 公演は、12月11日から天王洲・銀河劇場ほかで上演。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ