エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

『ジャスティス・リーグ』のキャストをファンが歓迎 「縁起熊手」に願い事を

お札に願いを書いたレイ・フィッシャー(左)とエズラ・ミラー

 映画『ジャスティス・リーグ』のジャパン・プレミアが20日、東京都内で行われ、来日した出演者のエズラ・ミラー、レイ・フィッシャー、お笑いトリオ、パンサー(尾形貴弘、菅良太郎、向井慧)、米大リーグ、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手ほかが登壇した。

 本作は、スーパーマン亡き後の世界を舞台に、バットマンをはじめ、DCコミックスのヒーローが集結し、人類の危機に立ち向かうさまを描く。

 会場には約1200人のファンが集まり、熱狂的な歓迎を受けたフラッシュ役のエズラは「皆さんこんばんは。ここから見ると、皆さんが輝いて見えます。皆さんこそスーパーヒーローです」と語り掛け、「アリガトウゴザイマス」と日本語であいさつした。

 サイボーグ役のレイも「東京の皆さんこんにちは!」と大声を上げ、「大切な夜に集まってくれてありがとう。『ジャスティス・リーグ』を、やっと皆さんと分かち合うことができます」と笑顔で歓声に応じた。

 その後、2人は軽快なトークで沸かせた。東京の印象を聞かれたエズラは「ゲームセンターに行って『ストリートファイターⅡ』(格闘ゲーム)の対決をする予定だよ」と返し、レイが「まだ勝負がついていないんだよね」とコメントした。

 7月にアメリカで行われたコミコン・インターナショナルに日本の漫画『鋼の錬金術師』に登場するキャラクターのコスプレで登場したことも話題になったエズラは、好きな作品を聞かれると「『もののけ姫』。あと『鋼の錬金術師』の映画が公開と聞いて興奮している。これは(『ジャスティス・リーグ』と『鋼の錬金術師』が同じ)ワーナー・ブラザースだから言えるんだけどね」と語った。

 さらに、中盤にはパンサーの3人がジャスティス・リーグのコスプレで登場し「『ジャスティス・リーグ』のメンバーにしてくれ」とリクエストした。

 エズラ、レイらは相談するそぶりを見せ、快諾したが、レイが「明日朝5時から腕立て伏せ5000回だよ」と指令を出すと、場内は笑いに包まれた。

 前田投手は「子供の頃の夢は、野球選手になることとスーパーマンになることだったので、今日はうれしいです」とワイシャツの下からスーパーマンのTシャツを見せてファンを沸かせた。

 最後は大ヒットを祈願して新宿・花園神社の「縁起熊手」に、エズラ、レイらがそれぞれ願い事を書いたお札を入れ、三本締めでにぎやかに幕を下ろした。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ