エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

NHK連続テレビ小説、節目の100作目は「夏空」  “アニメーター”のヒロイン役に広瀬すずが決定

2019年度前期連続テレビ小説のヒロインを務める広瀬すず

 100作目となるNHKの2019年度前期 連続テレビ小説のタイトルが「夏空-なつぞらー」に決まり、ヒロインを広瀬すずが演じることが20日、東京都内で行われた会見で発表された。

 「夏空」は大森寿美男氏が脚本を手掛けるオリジナル作品で、戦後の広大な北海道の大自然と、日本のアニメーション草創期を舞台に、真っすぐに生きたヒロイン・なつ(広瀬)の夢と冒険を描く。

 広瀬演じる奥原なつは、戦争で両親を失い、兄妹とも生き別れ、父の戦友だった柴田剛男に引き取られる。なつは、北海道・十勝に移り住み、柴田家の家業である酪農の手伝いで“開拓者精神”を培うとともに、人生で大切なことを学ぶ。高校卒業後には上京し、当時はまだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界に飛び込み、大自然で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく。モデルとなる特定の人物はいないという。

 広瀬は、現在の心境を「“100”っていうとすごく大きな数字というか、存在というか…。いろいろな方から『プレッシャーをかけているわけじゃないけど、100作目だからね』と言っていただいて、ちゃんとプレッシャーを感じております」と素直に語った。

 広瀬自身、ヒロイン決定の第一報を聞いたのは19日。その場で作品の内容などを聞くも「えっ?って気持ちの方が大きくて、全部右から左に流れていった」と振り返り、「楽しみだと思えるほど聞いてからまだ時間がたっていなくて、自分がどうなっていくんだろうという想像もあまりついていません」と明かした。

 なつの高校時代から、40歳前後となる1970年代のアニメブームの時代までを演じる広瀬。「こんな私に今まで手を差し伸べてくれる人がいらっしゃって、ちゃんとその手を握って、裏切らないように、また新しい風を吹かせることが出来たらと思います。頑張ります」と意気込みを語った。

 「夏空」の前作にあたる、NHK大阪放送局制作の18年度後期「まんぷく」はまだヒロインが発表されておらず、異例ともいえる今回の早期発表。制作統括の磯智明氏は、北海道・十勝でもロケを行うため、例年より3、4カ月早い来夏のクランクインが必要だと説明し、「働き方改革による制作期間の長期化も背景にある」と語った。

 ドラマは2019年4月~9月、全156回の放送予定。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝のキックオフ時間と試合会場が決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月24日開催)のキックオフ時間と試合会場が下記の通り決定した。 ◆天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  10月2 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ