エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

土屋太鳳、スピーチ中に思わず涙 「いつの間にか“でこぼこな心”に」

スピーチ中に涙を流した土屋太鳳

 「第9回TAMA映画賞」の授賞式が18日、東京都内で行われ、最優秀新進女優賞を受賞した土屋太鳳、石橋静河ほかが登壇した。

 土屋は『トリガール!』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』などでの演技が認められて受賞した。スピーチでは、これまでの葛藤を振り返り、思わず涙を流す場面もあった。

 土屋は「映画の扉をたたいてから12年。少しずつ必死にその扉をこじ開けながら、本当にたくさんの言葉に出会いました。温かい何かが心からあふれる言葉もあれば、冷たい何かが心をえぐるような言葉もあって…」と語りながら、涙で声を詰まらせた。

 観客から「頑張れ!」と声を掛けられた土屋は、改めて「いつの間にか“でこぼこな心”になっていましたが、今回、受賞理由で言っていただけた言葉は“それでいいんだよ”と包み込んで下さるような、背中を押して下さるような言葉でした」としみじみ語った。

 受賞理由は「どの役にもひたむきに向き合い、あふれる笑顔と抜群の運動神経で演じ切る姿は、観客の心をわしづかみにした」というものだった。土屋は「この言葉を胸に、これから女優として歩いていきます」と決意を語り「作品を通して出会った、全ての人、全ての時間に心から感謝を伝えたいと思います」と語り、目を潤ませた。

 土屋は、今後の抱負として「こんな役を演じたいというよりは、どんな役でも演じ切れる女優になりたいと思います。静かな役でも激しい役でも、人として“野生”を感じられる演技を目指したいと思います」と言葉に力を込めた。

 また、『散歩する侵略者』で最優秀作品賞を受賞した黒沢清監督の『トウキョウソナタ』でスクリーンデビューを果たした土屋は「今日、黒沢監督とお会い出来るのが本当にうれしくて…。また新たなスタートを切れるのではないかなと思います」と喜んだ。

主な受賞者は以下の通り。

最優秀作品賞
『散歩する侵略者』(黒沢清監督、及びスタッフ・キャスト一同)
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(石井裕也監督、及びスタッフ・キャスト一同)

最優秀男優賞
浅野忠信(『幼な子われらに生まれ』『沈黙 -サイレンス-』『淵に立つ』『新宿スワンⅡ』)
池松壮亮(『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『続・深夜食堂』『デスノート Light up the NEW world』『永い言い訳』)

最優秀女優賞
満島ひかり(『海辺の生と死』『愚行録』)
長澤まさみ(『散歩する侵略者』『銀魂』『追憶』『金メダル男』)

最優秀新進男優賞
間宮祥太朗(『トリガール!』『帝一の國』『劇場版 お前はまだグンマを知らない』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』)
高杉真宙(『逆光の頃』『散歩する侵略者』『トリガール!』『想影(おもかげ)』『ReLIFE リライフ』『PとJK』

最優秀新進女優賞
石橋静河(『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『PARKS パークス』『密使と番人』)
土屋太鳳(『トリガール!』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』『金メダル男』)


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

準々決勝の全日程が確定

 天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会・準々決勝の全日程が確定した。  鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグ準決勝に進出していることにより、同クラブとヴァンフォーレ甲府の一戦のみ11月21日に開催され … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ