エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

関ジャニ・丸山、宮川大輔への思いを否定される 「時間を巻き戻してもいいですか」

(左から)西田征史監督、石橋杏奈、ユースケ・サンタマリア、市村正親、高畑充希、宮川大輔

 映画『泥棒役者』の初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者で関ジャニ∞の丸山隆平、市村正親、ユースケ・サンタマリア、高畑充希、宮川大輔、西田征史監督ほかが登壇した。

 単独では映画初主演となった丸山は「もちろんプレッシャーはあったけれど、それ以上のワクワクで楽しみにしていた」と喜びを爆発させた。

 市村が「初座長の丸ちゃんのピュアな気持ちに引っ張られた。本当にやって良かったと思う」と語ると、高畑も「撮影は2日だけで、かなりアウエーかと思いビクビクしていたけれど、丸山さんの温かい人柄そのままの現場でなじみやすかった」と振り返った。

 丸山は、印象に残ったシーンとして、宮川と戦うクライマックスを挙げ、「濃厚なシーンで、緊張感がピリピリしていてしびれました」と話した。

 さらに「撮影の前に、宮川さんと監督が話しているところに入っていこうと思ったら、宮川さんに『主役は車に乗っていろ』と言われた。油断して仲の良さが出ると世界観が崩れるからだったと思う」と語った。

 しかし、宮川は「丸、ちゃうで。そんなこと考えてないから」とあっさり否定。「丸が撮影していると分かったら、周りが騒ぐやろうし、それを意識するのが面倒くさかっただけや」と明かし、西田監督もその通りとばかりに首を縦に振った。

 真実を知り「え~っ」と絶叫した丸山が「時間を巻き戻してもいいですか」と語ると、ユースケが「言わなければ良かったね。君の中で何かが一つ、終わったよ」と追い打ちをかけた。

 それでも丸山は「役者・宮川大輔と対峙(たいじ)できたのがうれしかった。あの日の酒はうまかったです」と自らを納得させるように話した。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ