エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

山田涼介、かみ倒しで「たくしゃん…」に女性ファン悲鳴 ディーン・フジオカがギャップある即席ラップも披露

(左から)本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子

 映画『鋼の錬金術師』のジャパンプレミアが15日、東京ドームシティ―ホールで行われ、出演者の山田涼介、本田翼、ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子、本郷奏多、内山信二、夏菜、佐藤隆太、松雪泰子、曽利文彦監督、アル(ホログラムCG)が出席した。

 本作は荒川弘氏の大ヒットコミックの実写映画化。幼い頃、亡くした母親を蘇らせようと禁断の錬金術を行ったために体の一部を失った主人公のエドが、錬金術師として成長し、弟・アルと共に波乱の冒険に臨む姿を描く。

 この日は主要キャストが勢ぞろいし、笑いにあふれたトークを展開。まずは、冒頭で山田が本作の魅力を聞かれた際に「この作品って、もちろん原作ファンの方がたくしゃん…」と噛み倒す一幕があり、一斉に女性ファンから「かわいー」の声援が。本田から「今、何て言ったんですか?」、内山から「山田さんでも緊張するんですね」と突っ込まれ、山田は「ありますよ。僕も緊張しています」と照れくさそうに答えた。

 その後、気持ちを落ち着かせた山田は「原作ファンがたくさんいらっしゃいますが、原作ファンじゃない方でも楽しめます。弟への愛、母への愛、仲間への愛、兄弟の葛藤と、日本の魂を繊細に緻密に描いている作品なので、たくさんの方に見ていただけたらと思います」とアピールした。

 マイクを握ったウィンリィ・ロックベル役の本田は、山田が演じたエドの魅力を聞かれると「小さいボディーに詰まった夢と希望と勇気と強さですね」とおなじみのいじりで会場は大きな笑いに。ギャップあるキャラクター、ロイ・マスタングを演じたディーンも、司会者から自身のギャップを聞かれると「それは、たくしゃん…」とボケて笑いを誘った。

 そんなディーンのギャップについて、山田は「見た目通り紳士ですが、お茶目な一面もありますよね」と紹介し、「あまりファンの方に見せたりしないんですか?」と質問。山田いわく「めっちゃかわいい歌を自作していた」そうで、ディーンが「グルテンフリーの歌で、自分的に流行って自分で作って自分でうけてるみたいな」と説明すると、本田は「どういう歌なんですか?」と興味津々。それを受けてディーンはラップ調で「『グルグルグルグルグルテンフリー、グルグルグルグルグルテンフリー、グルグルグルグルグルテンフリー、美味しいな、美味しいな』みたいな」と即興で披露して会場を大きく沸かせていた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ