エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

大泉洋、北川景子に“完全降伏” 頼まれたら「そりゃ何でもします!」

イルミネーション点灯式で笑顔を見せる大泉洋

 映画『探偵はBARにいる3』で主演を務める大泉洋と、ヒロイン役の北川景子が15日、東京ミッドタウンで行われた「『ミッドタウン・クリスマス2017』イルミネーション点灯式」に出席した。

 北川と共にスイッチを押して、宇宙をイメージした神秘的なイルミネーションを点灯させた大泉。「なんか北川さんと結婚したかのよう。ロマンチックでしたね~!」と大興奮で、「毎年やりたい。駄目ですかね?これからもずっと僕らでいいんじゃないですか?」と無茶なお願い。北川も「毎年、ねぇ!?」とノリノリだった。

 本作は、ミステリー作家・東直己氏の小説を映画化した人気シリーズ第3弾。ススキノを縦横無尽に駆け回る探偵を大泉、その相棒を松田龍平が演じ、北川は、探偵の心を激しく惑わせる“謎の女・マリ”役を務めた。

 劇中の見どころを問われた北川は「大泉さん演じる探偵が本当に格好いい。女性から見て理想の男性像。たくさん言葉を掛けるわけじゃないけれど、実は守ってくれているというのが女性としてはうれしい」と力説。大泉も「北川さんの美しさはすごいですよ。男性も楽しめる。やっぱり北川景子に『遊ぼうよ!』って言われたらそりゃ朝まで遊びますよ。涙をためて『助けてください』と言われたら、そりゃ何でもします! ある程度のお金は貸すね。無利子でいいよ。担保もいらないね」と調子良く語り、笑いを誘った。

 そんなマリの“ハニートラップ”にまんまと掛かる探偵を演じた大泉は、改めてマリの印象を問われると「恐ろしく魅力的だけど、非常に危険な女」と冷静に分析。それでも「ハニートラップには憧れがありますね。仕掛けられたら、あらがうすべはないですね。マリに『遊ぼうよ!』と言われたら、終わりですよ…」と鼻の下を伸ばしていた。

 今回も、同シリーズでおなじみの探偵が痛めつけられるシーンがあるそうで、大泉は「あれも好きな人は好きね! 私がひどい目に遭うとうれしいという人が、日本に一定量いますから」と苦笑い。「僕はそこまでMっ気のある男でないので、できればやめてもらいたいのですが、必ず(場面として)入っている。あれなんなのかな?プロデューサーと脚本家が、本当は俺のこと嫌いなのかな?」とボヤいて笑わせていた。

 映画は12月1日から東映系にて公開。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

決勝の結果(1月1日開催)

セレッソ大阪    2-1    横浜F・マリノス

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ