エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

【芸能コラム】クライマックス目前!深みを増した俳優たちの演技に注目! 「おんな城主 直虎」

1/2 ページ

井伊直虎(柴咲コウ=左)と井伊万千代(菅田将暉)

 11月に入り、いよいよ終盤が近づいてきた「おんな城主 直虎」。全国の視聴者は、徐々に近づく井伊谷の人々との別れを惜しみつつ、物語を楽しんでいるところではないだろうか。だが、開始から10カ月を経過したドラマには、また新たな見どころも生まれている。それは、長期にわたって1人の人物を演じてきた俳優たちの深みを増した演技の面白さだ。

 1人の人物を長く演じることは、俳優にとっては苦労も大きいが、同時に役に対する理解が深まるという長所もある。これは、撮影期間が短い映画や、10話前後で完結するドラマにはない特徴だ。その魅力については、複数の出演者が当サイトのインタビューで語っているが、松下常慶役の和田正人の言葉を借りると、次のようになる。

 「演じていると、その時は分からなかったけれど、後になって気が付くことが山のようにあるんです。自分1人で考えても見付からなかった答えが、他の人の言葉から生まれたり…」。

 こうして時間を積み重ねることによって、演技が深みを増してゆく。それを如実に感じたのが、第43回「恩賞の彼方に」(10月29日放送)だ。この回は、長篠の戦い後の徳川家内部の論功行賞を巡る万千代(菅田将暉)の活躍や、井伊谷の山崩れを防ごうと土砂止めの普請に尽力する直虎(柴咲コウ)の姿が物語の中心となった。派手な合戦が繰り広げられた前回と比べると、やや地味な内容といえるが、それが逆に、俳優たちの名演をじっくりと味わわせてくれる結果となった。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ