エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

松雪泰子、死に向かう役は「苦悩の連続」 「身動きが取れなくなる時があった」

 舞台への意気込みを語った松雪泰子

 舞台「この熱き私の激情」の開幕直前会見&公開フォトコールが4日、東京都内で行われ、出演者の松雪泰子、小島聖、初音映莉子ほかが登壇した。

 36歳の若さで自ら人生に幕を閉じた女性作家ネリー・アルカンが、8年間、書きつづった小説をコラージュし、舞台化。女であることへの戸惑い、怒り、コンプレックス、生きることのつらさ、悲しみ、無力感と孤独を、6人の女優と1人のダンサーが表現し、1人の女性の生涯を描く。

 死の魅力に引き寄せられる「影の部屋」の女を演じる松雪は、開幕を目前に控え「日々、ネリーさんの感性に圧倒されながら、どこまで自分の精神をしっかり持って体現できるか(を考えた)。今日は緊張感を持って演じられたら」と意気込みを語った。

 舞台では、6人の女優がガラス張りの部屋にそれぞれ入り、イヤモニターを通してお互いの声を聞く。声のセッションはあっても、会話が交わされることはないという。

 「天空の部屋」の女を演じる小島は「これだけすてきな皆さんとご一緒しているのに、全くお互いの顔が見えない。でも声だけのセッションというのもなかなかセクシーでいいのかな」と語り、ほほ笑んだ。

 また「死」をテーマとした舞台とあり、松雪は「かなり過酷な稽古でした。あまりにネリーの痛みが深過ぎて…。死に向かっていく彼女の精神状態を考察、イマジネーションしていく中で、自分の中に潜在的に持っている痛みとヒットする瞬間があり、そのたびに苦しくて、身動きが取れなくなる時がありました」と明かした。

 松雪は、役に入り込むのは「苦悩の連続だった」としつつも「言葉自体が強くて美しいので、しっかりとそれを伝えることにフォーカスしたい。見どころは(全員の感情が)見事に調和する瞬間です」とアピールした。

 舞台は4日~19日、都内、天王洲 銀河劇場での東京公演を皮切りに、全国5都市を巡演。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ