エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

山崎賢人、今後の目標はダラダラ解消? 「思い立ったら即行動主義にしたい」

“省エネ主義”の主人公・折木奉太郎を演じた山崎賢人

 映画『氷菓』の初日舞台あいさつが3日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、広瀬アリス、小島藤子、岡山天音、天野菜月、本郷奏多、安里麻里監督が登壇した。

 本作は、米澤穂信氏の人気小説を映画化した学園ミステリー。

 “省エネ主義”の主人公・折木奉太郎にちなみ「皆さんの○○主義は?」と聞かれた山崎は「思い立ったら即行動主義にしたい」と今後の目標を口にした。

 山崎は「ダラダラしちゃって、なかなかやらなかったりする。思い立ったらすぐやれるようになりたい。考える隙を自分にも与えない。朝起きるのとかも、眠いな…とか考えないで起きちゃう。二度寝したいな…とか思わないで、すぐ顔を洗って。これは、起きちゃう主義かも。思い立ったらパーンとね!」と珍コメントを交えながら、一気にまくし立てた。

 一方「自他共に認める生粋の合理主義」と語る本郷は、山崎にアドバイスを求められると「僕は目覚ましの時間を、家を出なければいけない2分前に設定している。そうしたら、絶対に起きなきゃいけない。だから起きられる。30分前とかに設定して、余裕を持たせちゃうから二度寝しちゃうんだよ」と持論を展開した。

 「考える隙を与えないということですね!?」と興奮気味に尋ねる山崎に、本郷は「そう。隙を与えない。(2分前は)最終通告」と断言し、笑いを誘った。

 また、山崎とプライベートでも仲がいい岡山は「賢人から学ぶ主義です」と宣言。「賢人から学ぶところはすごくある。楽観主義じゃないけど、いい意味で肩の力が抜けている感じで…。僕は考え過ぎちゃったり、ネガティブだったりするので、10代の頃から変わらない賢人の良さは学びたい」と打ち明けた。

 これに呼応するように山崎も「俺も天音から学ぼう主義。(岡山が演じた)里志は“データベース”と言われるほど、データが豊富な役。天音もすごくいろんなことを知っていて、いろいろ考えているので、俺も学ぶことが多い」と語ると、2人に挟まれた広瀬は「愛が深い。私ここにいていいのかな…」と苦笑いしていた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ