エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

横山だいすけ、俳優業にも意欲 「ひと味もふた味も違う世界」

“来年の顔”に選出された横山だいすけ

 日経トレンディ「2017年ヒット商品ベスト30」&「2018年ヒット予測100」先行発表会が2日、東京都内で行われ、“来年の顔”に決定した横山だいすけ、“今年のヒット人”に選出された竹内涼真、高梨臨、みやぞんが登壇した。

 NHK・Eテレ「おかあさんといっしょ」で9年間、歌のお兄さんとして人気を集めた横山は、今年3月に卒業した後も、ミュージカルやテレビドラマなどに出演。“来年の顔”に男性が選出されるのは、2009年の俳優・溝端淳平以来、8年ぶり2人目となる。

 横山は「卒業してからどういう自分になっていくのかあまり想像できていなかったので、その中でこういう賞を頂けたことが光栄。来年の顔と言われたので、これで来年いなくなってしまったらどうしようという不安もありますが、いろんな挑戦を続けていきたい」と言葉に力を込めた。

 最近では、バラエティー番組などでも活躍。横山は「全てが違い過ぎちゃって。とにかく子どもに囲まれていた現場だったので、卒業後はたくさんの大人に囲まれて、ちょっと情緒不安定な感じです」とポツリ。囲み取材では一斉に報道陣のマイクを向けられるが「こういうのもなかなか慣れなくて。緊張します」と苦笑いだった。

 「今後、やってみたいことは?」と聞かれると、今夏のドラマ出演に触れ「楽しい現場で発見もあった。ドラマや映画というのは、歌のお兄さんとは、ひと味もふた味も違う世界なので、その中で自分が何に挑戦できるのか…ということに興味があります」と俳優業にも意欲。隣に並んだみやぞんにちなみ「体を張った海外ロケは?」と尋ねられると「ぜひやってみたい。あまり運動神経は良くないのですが、海外ロケはこの9年間、ほぼゼロだったので機会があれば」と声を弾ませた。

 “今年のヒット人”に選出されたみやぞんも「本当にうれしい」と満面の笑み。お笑いコンビ「ANZEN漫才」のボケとして活躍する一方、今年はピンでも大活躍したが「仕事の増加でお金の方は?」と収入を聞かれると、「お金の方も仕事に応じて、どんどん増えていきました。どれぐらい…? 皆さんが想像しているぐらいだと思います。大体これぐらいだろうなと…と思ったら、それが当たっていると思います」と語り、笑わせた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ