エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

山田孝之、ゴッホ風の肖像画プレゼントに歓喜 イッセー尾形「この仕事をしていて良かった」

山田孝之(左)とイッセー尾形

 映画『ゴッホ~最期の手紙~』の特別試写会が27日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版の声優を務めた俳優の山田孝之とイッセー尾形が舞台あいさつに登壇した。

 本作は、俳優が実際に芝居をした映像を基に、125人の画家がゴッホのタッチで約6万枚の油絵を描き構成された“動く油絵”映画。山田は、ゴッホの死の真相を追う青年アルマン、尾形はその父ジョセフの声をそれぞれ担当した。

 山田は「かなり前にSNSで映像を見たことがあって、日本で公開されたら見ようと思っていた。そうしたらオファーが来たので、台本を読む前にぜひやりたいと思った」と喜んだという。

 しかし、アフレコには苦戦したようで「もともと役者の芝居を撮っているから、映像と音にちょっとずれがあったんです。映画としてはそれが味になっているけれど、こっちは音に合わせなければいけないから難しかったです」と苦笑いで振り返った。

 一方、尾形は「ゴッホは引かれる画家だったけれど、死のその先があったのは驚きだった。その声ができるなんて、こんなに光栄なことはございません」と感激の面持ち。

 山田と同様にアフレコは苦労したそうだが、「ゴッホは日本に憧れ、浮世絵を描くのが夢だったそうです。ゴッホも喜んでいると思うし、ゴッホ尽くしの映画を楽しんで」とアピールした。

 舞台あいさつには、油絵制作に日本人として唯一参加した画家の古賀陽子さんが特別ゲストで登場し、2人にゴッホ風の肖像画をプレゼントした。山田は「うわあ、似ている。うれしい」と歓喜。尾形も「この仕事をしていて良かった」と喜びをかみしめた。

 映画は11月3日からTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ