エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

橋本環奈、福田監督のイジりに悲鳴 「そういうこと言わないで!」

コメディエンヌぶりを発揮した橋本環奈

 映画『斉木楠雄のΨ難』の公開初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシと福田雄一監督が出席した。

 本作は『週刊少年ジャンプ』に連載中の同名ギャグ漫画を映画化。山崎は普通に生きたいと願う超能力者の斉木楠雄を、橋本は学園のアイドル照橋心美を、それぞれ演じた。

 この日、福田監督から「まだ映画を見ていないんだよな?」と振られた橋本は「そうなんです。本当に見てなくて。チェックさせてもらえないんです」と苦笑いで告白した。

 福田監督が「周りから『見ない方がいい』と言われているらしい」と語ると、橋本は「『見たら分かる』と言われたのですが、大丈夫でしたか?」と不安げに質問。観客から拍手が送られるとホッとした表情を見せた。

 福田監督は「見た人はびっくりだよね。橋本環奈のコメディエンヌぶりを超えた何か。“橋本環奈ショー”だった」と劇中でのはじけっぷりを絶賛。橋本が「大口を開けるシーン」がお気に入りだそうで、「知り合いが『女の人の口の奥をあそこまで見たのは初めて』と言っていた」と明かした。

 「口の中、大丈夫でした…?」と心配する橋本に、福田監督が「一応、CGで消すところは消したから」と意味深に語ると、橋本は「そういうこと言わないで!」と悲鳴を上げた。ムロも「“消さなきゃいけないもの”があったみたいだよね?」とあおって、会場を沸かせた。

 終始、登壇者をイジり倒した福田監督だったが、最後は「日本ってこういうギャグ映画が当たらない。純粋なギャグ映画がヒットすると僕もムロくんも仕事が増えていくので、よろしくお願いします」とアピールした。

 山崎も「念願の福田組。現場も楽しくて、舞台あいさつも楽しい。見ていただいた人にも笑っていただいて、こんなにハッピーで幸せな映画はない。この幸せを広めてもらって、みんな幸せになってほしい」と呼び掛けた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ