エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

森川葵、結婚相手に求めるものは…? 「おいしいと思うものを分かち合える人」

ヒロインの葵を演じた森川葵

 映画『恋と嘘』公開直前ウエディングイベントが10日、東京都内の結婚式場で行われ、出演者の森川葵、北村匠海(DISH//)、佐藤寛太(劇団EXILE)が登壇した。

 本作の舞台は、政府が国民の遺伝子情報を分析し最良の結婚相手を“通知”する「超・少子化対策法」が施行された未来の日本。森川は、優しい幼なじみの司馬優翔(北村)と、政府が選んだ相手・高千穂蒼佑(佐藤)の間で揺れ動く女子高生・葵を演じた。

 ウエディングドレス姿でバージンロードを歩いた森川は「チャペルで、こういったかわいいドレスを着るイベントは初めて。うれしいです」とにっこり。タキシード姿の佐藤から「すてきです。すごく似合ってます」と褒められると「ありがとうございます」とはにかんだ。

 劇中で2人の男性の間で揺れ動く葵を演じた森川は「結婚相手に求めるもの」を問われると「結婚したことがないし、まだ分からないな…」と困惑しながらも「私おいしいものを食べている時がすっごく幸せなんです。なのでそのおいしいと思うものを一緒に分かち合える人がいいです」と回答した。

 「ちなみに、今、特にハマっているものは?」と聞かれると「グミ」と即答し、これには北村が「ちょっと理解できないかも」と苦笑い。その反応に森川も「あちゃ~。残念だな~」と肩を落とした。

 一方、北村は、結婚相手として「お芝居が好きな人がいい。結構コアな映画が好きなので、一緒に映画を見た後にその映画について論議できる人がいい」と希望を口にした。

 これに対して、今度は森川が「(私は)駄目だー」と反応。「うまく感想を言えないから」というのが理由だそうで、これを聞いた北村も「明らかに(2人の間に)亀裂が入ったね」と笑わせた。

 また佐藤は「圧倒的に笑ってくれる人がいい。『それ、面白い!』みたいにずっと笑っていてほしい」と好みのタイプを告白。

 森川が「笑うぐらいなら大丈夫かもしれない。寛太といると楽しいから自然に笑っちゃう」と“条件クリアー”を宣言すると、北村も「俺も大丈夫ですよ」と“参戦”して、会場を盛り上げた。

 映画は10月14日から全国ロードショー。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ