エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

上田竜也、連ドラ初主演も「ストレスない」 「ジャブが速過ぎてカメラが捉えきれない」

(左から)夏木マリ、家入レオ、中村倫也、大野いと、野波麻帆

 テレビ東京ドラマ24「新宿セブン」完成披露試写会および記者会見が10日、東京都内で行われ、出演者の上田竜也(KAT-TUN)、中村倫也、大野いと、家入レオ、野波麻帆、夏木マリが出席した。

 ドラマは、新宿歌舞伎町の質屋店主で抜群の鑑定眼を持ったアウトローな主人公・七瀬(上田)が「物」の真贋(しんがん)を見極めると同時に「人」の真贋も見抜き、訳ありな依頼人の悩みや事件を解決していくヒューマンミステリー。上田は主題歌「未完成のアンサー」も担当する。

 連続ドラマ初主演となる上田は「自分と七瀬は共通するところもあってストレスなく演じています。映像の中で好きに暴れさせていただいて、とても好きな役となっています」と語った。

 アクションシーンも見どころの一つで「撮影は大変だけど、出来上がりを見てみると結構本格的なシーンになっています」とアピールした。

 七瀬質店で働く鑑定士見習いの健太役の中村は「七瀬さんの相棒というか、部下というか、ほぼパシリ」と関係性を説明し、上田のアクションシーンの撮影を最も間近で見ていることから「一番びっくりしたのは、上田さんのジャブが速過ぎてカメラが捉えきれなかったこと。そんなの初めて見ました」と明かした。

 特技のボクシングを生かして天才ボクサー役を演じたこともある上田。「いつ打ったんだっていう漫画の世界みたいなジャブを打つ」と中村を驚かせているようで、街中を走るシーンについても「チーターみたいな後ろ姿」と例えて笑わせた。

 また、撮影現場での上田の意外な一面として、夏木が「寂しそうな顔を発見しました。皆SNSをやっているから現場で写真を撮り合って。でもジャニーズ関係は写真が駄目だから僕は寂しいんですって」とチャーミングな一面を暴露。

 上田も「皆さん写真を撮ると仲良くなるじゃないですか。誰にも誘われないんですよ。寂しい」と本音を漏らした。

 ドラマは13日深夜0時12分から毎週金曜日に放送。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ