エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

乃木坂46、12人そろっての3期生公演 大園&与田のWセンターはマイペースぶりを発揮

公開舞台稽古を行った乃木坂46の3期生

 乃木坂46 3期生公演「見殺し姫」の囲み取材および公開舞台稽古が6日、東京都内で行われ、伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、大園桃子、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希が出席した。

 本作は、3期生12人がメインキャストとして出演する完全オリジナル作品。平安末期の平家の世を舞台に、塀に囲まれた屋敷で暮らす12人の若き姫たちを演じる。

 それぞれのメンバーに合った役が割り当てられた。山下は「一言で言うとのぞき魔。なんでかなと思ったけど、よく目が大きいと言われるからかな。やっと眼力が生かせる機会ができた」と気合十分。

 1人ずつ見どころをアピールしたが、大園は「虫が大好きな役なんですけど、そんなこと一言も言っていない。でも虫は嫌いじゃないです。役を頑張ります」と笑わせた。

 乃木坂46のシングル「逃げ水」では大園と共にWセンターに抜てきされた与田。19thシングルにも3期生による楽曲が収録されるなど十分な期待を受け、「声が大きくリーダーシップがあって行動力がある役。本来の自分にはあまり結びつかないと思ったけど、この舞台では皆を引っ張っていけるよう頑張ります」と意気込みを語った。

 その一方、物語にちなんだ「もし現代の若き姫になったら何をしたいか」との質問には「この間、浪費癖がどうこう言われることがあって貯金を始めたので、貯金をやめたいです」とユニークな回答を。

 大園も乃木坂46加入から1年で「しゃべるのは慣れていません。歌うのは慣れました」と語るなど、そろってマイペースぶりを見せつけた。

 また、梅澤は「半年前ぐらいに『プリンシパル』をやらせてもらって、オーディション形式だった。舞台に立てないメンバーもいたので、12人で舞台に立てることをありがたく思います」と改めて感謝の思いを述べ、「成長した3期生を見せたい。3期生はまだまだできるんだぞって姿を見て帰ってもらいたい」と期待していた。

 舞台は都内、AiiA 2.5 Theater Tokyoで6日~15日に上演。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ