エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

桐生祥秀、土屋太鳳との対面に照れまくり 見つめられて「このまま帰ってもいいくらい」

イベントに出席した、土屋太鳳(右)と桐生祥秀選手

 国内最大の旗艦店「アシックス原宿フラッグシップ」オープニングセレモニーが5日、東京都内で行われ、ブランドアンバサダーに就任した土屋太鳳と陸上短距離の桐生祥秀選手が出席した。

 陸上男子100メートルで日本人で初めて10秒の壁を破った桐生選手は「9.98ってタイムでTシャツを作ってもらいました。スパイクの色も白と金だったけど一緒の色で」と着用したTシャツを示し、「9.98が見えるし、(自分が)走っている姿もある。見た感じでわかるのでうれしいです」とデザインも気に入った様子だった。

 中学時代に陸上に取り組み、同じく100メートルを走っていたという土屋は「一番速くて13秒29とかだった」と当時の記録を明かし、「本当にすてき。9秒台を出した瞬間を見せてもらって、同じ距離と思えないくらいの速さで」と隣に立つ桐生選手に熱い視線を送った。

 土屋にじっと見つめられた桐生選手は「すてきって横で言われただけで今日は満足。このまま帰ってもいいくらい満足。目が合うと照れちゃいますね」と大喜び。「テレビで見ていた芸能人に会えたって感じ。テレビで見るよりいい意味でちっちゃい。顔もちっちゃい」と土屋に負けないくらいの興奮ぶりだった。

 また、新たなブランドメッセージ「I MOVE ME(ワタシを、動かせ。)」を表現したショートムービーで主演を務めた土屋は、劇中で全力で走る姿も披露。その一部をともに視聴すると、「桐生選手に走るフォームを見ていただけて、うれしいのと同時に緊張しました」と照れ笑い。しかし桐生選手は「顔を見ちゃったのでちょっと…走りの細かいところまで見ていなかった」と正直に明かして笑いを誘っていた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ