エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

優木まおみ、夫の“育て方”を明かす 家事分担は「けんか腰でなく…」

(左から)内田理央、マギー、優木まおみ

 『美女と野獣』MovieNEX発売記念イベントが3日、東京都内で行われ、ゲストとしてタレントの内田理央、マギー、優木まおみが登壇した。

 ディズニー・アニメーション『美女と野獣』を完全実写化した本作は、世界中で大ヒットを記録。この日は、主人公ベルのイメージカラーであるイエローのドレスを身にまとった3人が、映画の内容にちなみ“真実の愛”“理想の恋愛”について語った。

 「まだ真実の愛を知らない」と語った内田は「理想…。うーん、ゴミ出しをしてくれる旦那さんには憧れます。優しい方がいいですね」とはにかみながらコメント。

 一方、マギーは「リスペクトし合える関係」を理想としているようで「一緒にいることでお互いに高め合えるような関係を築ける恋愛がしたい」と語った。

 唯一、既婚者で2児の母でもある優木は「恋愛の感じは忘れちゃった」と苦笑しつつも「主人とは交際を含めると5、6年一緒ですが、いまだに背中を見てキュンとしたり、ふとした瞬間に“かわいいな、この人”と思うところがある」と告白。

 日常は育児に追われて「いっぱいいっぱい。2人共無言で過ごすことも多い」としつつも「言葉を交わさなくても分かり合えて温かい空気が紡げる。そういう人が運命なのかなと思う」としみじみ語った。

 また“先輩”として内田にアドバイスを求められた優木は、1人目の子どもが生まれた時のエピソードを披露。「ここにゴミを置いていたら出してくれるだろうな…と思っても、男性は意外と気付かない。そこで『ゴミ捨てといてよ』とけんか腰になるのでなく『捨ててくれたらうれしいな』という感じで言うと『いいよ~』と小気味良く運んでくれるようになった」といい「口に出す時は言葉に気を使って。そうすればいつしかごみ捨ては彼の仕事になっていくので」と語り、ほほ笑んだ。

 さらに、美容師の夫について「家の顔とはまた違う、働く男の顔を見ると、自分も刺激を受ける」と語り、「夫婦としてだけでない、別の顔を見せる機会を作ればいいのでは」とマギーにもアドバイス。これには内田もマギーも「勉強になります!」と深くうなずいていた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ