エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

“コメディアン”山崎賢人&“中二病”吉沢亮が才能発揮 福田雄一監督は再タッグ熱望「本当に向いている」

 映画『斉木楠雄のΨ難』完成披露試写会舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の山崎賢人、橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀と福田雄一監督が出席した。

 本作は、「週刊少年ジャンプ」で連載中の同名漫画を映画化。コメディー作品初主演で、普通に生きたいと願う超能力者・斉木楠雄を演じた山崎は、壇上にずらりと並んだ濃すぎるメンツを見渡して「僕は心の中でツッコんでいるという設定。皆さんのボケに耐え、笑いをこらえるのが難しかった」と思い出し笑いをした。

 何事も無表情のままやり過ごさなくてはいけない山崎に対して、ムロをはじめ賀来、新井などが積極的に“仕掛けて”きたといい、「僕が慣れていなくてほとんど笑っちゃっていました」と白旗宣言。福田監督は、実際に笑っているカットも使用したといい、「本当に向いているなと思った。これからも何度もご一緒したい」と山崎のコメディアンとしての才能を絶賛した。

 中二病の海藤瞬役の吉沢は「今までやってきた役者人生の中で一番のハマり役。自分の中に中二病がいると思いました。芝居していると動きが降りてくるんです」と自画自賛。今夏公開された福田監督作品『銀魂』ではドSな沖田総悟を演じたが、福田監督も「『銀魂』ではあんなに緊張していた吉沢亮が、この映画で羽ばたきました」と楽しそうに話した。

 『銀魂』との共通キャストが多いのも特徴。見た目は真面目だが暴走族の元総長・窪谷須亜蓮を演じた賀来は「福田監督にはよく変な顔をやらされるけど、今回は目に力を入れすぎてものもらいができました。こんなダメージは初めて。『銀魂』のときはあまりはじけられなかったんですけど…」と照れ笑いした瞬間、ムロと佐藤から「出てねーだろ!」と一斉にツッコまれていた。

 映画は10月21日から全国ロードショー。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ