エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

大森南朋、嫉妬と執念で「夢がかなった」 西田敏行&塩見三省はリハビリと撮影の日々

北野武監督(左)と大森南朋

 映画『アウトレイジ 最終章』のジャパンプレミアが25日、東京都内で行われ、北野武監督をはじめ、出演者の西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、池内博之、金田時男、岸部一徳が出席した。

 裏社会の男たちの抗争を描くバイオレンスエンターテインメント「アウトレイジ」シリーズは、北野監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクト。前作『アウトレイジ ビヨンド』から5年ぶりとなる本作でも、登場人物“全員暴走”の裏切り、駆け引き、だまし合いを繰り広げる。

 西田は「けい椎を亜脱臼という形で入院して手術、胆のうも取らなきゃいけなくなったりして、4カ月の入院を余儀なくされ、退院したてのときに話があった」と明かした。

 一方、塩見は2014年に脳出血で倒れ、入院とリハビリを経て16年にNHKドラマ「恋の三陸 列車コンで行こう!」でドラマ復帰を果たしていた。

 西田は改めて「お互いリハビリをやりながらの撮影になった。2人とも皆に抱えられながら初日を迎えられた時の、何ともいえない喜び。北野監督に支えられ、お気遣いいただいて、われわれは何とか花菱会を盛り上げることができた」と語った。

 塩見も「北野武監督と前作に続いてまた仕事ができたこと、私にとっては最高の喜びであり、最高の時間でした」と力強く語った。

 また、シリーズ初登場となる大森は、かねて北野監督のファンで、シリーズプロジェクトが立ち上がったときから出演チャンスをうかがってきたという。「ふたを開けたら加瀬亮くんが出ていて、少しの嫉妬を覚えました。第2作では一応僕なりの行動に出たけど引っかからず、桐谷健太くん、新井浩文くんが出ていて、嫉妬がまた大きく芽生えまして…」と振り返った。

 そして本作でも「最終章を撮ると聞いた時に、ものすごいアプローチをして、僕としては夢がかなった。最高の感情を持って現場に入れたと思っています」と執念で出演を勝ち取った“3度目の正直”について語った。

 北野監督は「ありがたいことに僕の映画は、日本を代表する役者さんが皆(出演を)オーケーしてくれる。これが一応区切りとなっているけど、また数年後に日本の役者オールスターでとんでもない映画を撮ってやろうと思っています」と予告した。

 映画は10月7日から全国ロードショー。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ