エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

BEGIN、安室奈美恵の引退発表にコメント 比嘉栄昇「そうか…と納得する部分もあった」

 BEGINの(左から)上地等、比嘉栄昇、島袋優

 沖縄県石垣島出身の3人組アーティストBEGINが22日、東京都内のオムロン株式会社のオフィス内で、シークレットライブを実施した。

 この日のステージでは、2拍子に合わせてカーニバルマーチをみんなで踊り、楽しみながら運動することを趣旨とした「マルシャショーラ」を実施した。

 約1時間のライブを終え、ボーカルの比嘉栄昇は「食堂の蛍光灯の下というのはお互いに照れくささがあったけど、みんなと一つになって体を動かせたという実感がある」と語った

 ギターの島袋優も「汗だく。いい運動になった」と満足そうで、電子ピアノの上地等も「2拍子というのはもともと行進のリズム。みんなと楽しい時間を過ごすことができた」と語り、ほほ笑んだ。

 3人は2020年にデビュー30周年を迎えるが「東京五輪に出たいか?」という質問が出ると、比嘉は「そういうバンドではないので」と笑って否定。各地のお祭りに参加したり、地域のライブ活動で地元の人と盛り上がるのが主体だとし、「そんな大きな夢はございません」と答えた。

 島袋が「演奏できたらしたい。夢だからここは言っときましょう!」と五輪に興味を示すも、比嘉は「嫌です。家で見てます」と返して、笑いを誘った。

 また来年9月に引退を表明した沖縄出身の歌手・安室奈美恵の話題も。比嘉は「奈美恵ちゃんは太陽」と存在の大きさを語り「びっくりしたのと、どこか、そうか…と納得する部分もあった」と心境を吐露した。

 比嘉は「奈美恵ちゃんがちっちゃいころから、勝手に近所のおじさんの気持ちになって応援していた」といい「世界一のアーティストになった。記録を樹立して身を引くのか…という思いはあるけど、安室奈美恵でいることの重圧は、彼女にしか分からないことなので」と理解を示した。

 続けて「すごいものを見せていただいた。何も言えない。ありがとうという気持ち。歌が好きな子だと思うから、心の底から歌を楽しめるような、そんな人生を歩んでほしい」と語った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ