エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

長澤まさみ、撮影指示に対し虚無的な顔を!? 黒沢清監督「うれしいやら、困ったやら」

主人公の鳴海を演じた長澤まさみ

 映画『散歩する侵略者』の初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、高杉真宙、恒松祐里、黒沢清監督が登壇した。

 本作は、数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるという大胆な設定を基に、日常が異変に巻き込まれていく様子を描いたサスペンスラブストーリー。

 長澤は、まるで別人になって帰って来た夫(松田)に、戸惑いつつもいら立ちを隠せない鳴海を演じた。劇中の前半では「ずっと怒っていた」そうで「怒るという感情の中に鳴海の優しさ、悔しさの全てが注ぎ込まれていたので…」と感情表現の難しさに触れつつも「人間らしい役を演じられてとても勉強になりました」と充実の笑みを浮かべた。

 そんな長澤と初タッグを組んだ黒沢監督は「大体『こういう感じでお願いします』と言うと、普通は『はい』とか『嫌だ』とか反応が返ってくるのですが、長澤さんは『あっ…。はい』と1回、虚無的な顔をする」と紹介。

 「はい」の前に少しの“間”があるとし「これがうれしいやら、困ったやら。でもそう言って、必ず(期待通りに)やってくれる頼もしい女優でした」と明かした。

 これを聞いた長澤は「多分、できるかな…?と考えていたんだと思います」と釈明しつつ「すみません。はっきりしているんだか、してないんだか、という感じですね」と照れ笑いを浮かべた。

 一方、ジャーナリストを演じた長谷川は「以前から黒沢監督の大ファン」だったそうで「撮影はすごく幸せな時間でした。あまりにもファン過ぎて、過去の作品のことばっかりを聞きまくった」と明かした。

 「相当、うっとうしかったと思いますが、大丈夫でしたか?」と不安げに尋ねる長谷川に、黒沢監督は「大丈夫なんですが、長谷川さんと隣り合うと、どうしても雑談してしまい…。(自分は)他にも考えなきゃいけないことがたくさんあったんだけど」と返して笑いを誘った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ