エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

長谷川理恵、ビーガンスイーツに熱中 息子がきっかけ「化学の実験みたい」

 「ファイトケミカルス・デー 2017」に登場した長谷川理恵

 料理体験イベント「ファイトケミカルス・デー 2017」が8日、東京都内で行われ、ゲストとしてモデルの長谷川理恵が登壇した。

 「ファイトケミカルス」は、野菜や果物などに含まれる植物由来の栄養素で、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、植物繊維の6大栄養素に続く“第7の栄養素”として注目を集めている。

 野菜ソムリエとしても活動する長谷川は、「この栄養素のことはもちろん知っていた。美容にも関係するので、私ももっと勉強したいと思っていました」と興味津々の様子。

 専門家の説明に熱心に聞き入ると「家族のためにも、自分の目でしっかり食材を選んで、積極的に取り入れていきたい」と語った。

 現在、4歳になる長男の子育て中。長谷川は「野菜が苦手なお子さんが多いですが、うちもトマトとニンジン以外は難しい。日々、いろんな野菜を小さくして気付かれないように入れています」と笑顔で明かした。

 「第一印象でおいしいと思わせることが大事。トマトでも最初に酸っぱいものでなく、より糖度の高いものを先に食べさせてあげると、野菜っておいしいと思ってくれます」とコツも披露した。

 また、息子のアレルギーをきっかけに、卵、乳製品や白砂糖などを使わない“ビーガン”のスイーツについても勉強したそう。

 最近は「ビーガンパティシエ」としても活動を始めたといい「(食材の制限があるので)とても難しいのですが、化学の実験みたいな感じで、うまくできた時はすごくうれしい。教えてくれる2人の先生が天才的で、レシピが本当においしくて…」と声を弾ませた。

 今夏には、ビーガンスイーツの勉強も兼ねて「家族で1週間ほど南フランスに行きました」と長谷川。

 子どもの成長について問われると「自分でいろいろできるようになってくる年齢ですから、赤ちゃんの時と比べたら随分楽になりました。やんちゃだけど、今が一番かわいい時期なので。もちろん(自分が)雷を落とすこともありますが、楽しくやっています」と語り、優しくほほ笑んだ。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ