エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

竹野内豊、心にぽっかり穴が空いている!? 「46年生きてるといろいろありますよ」

偏屈な数学教師を演じた竹野内豊

 ドラマ10「この声をきみに」の第一話試写会が31日、東京都内で行われ、出演者の竹野内豊、麻生久美子が登壇した。

 主人公は、家族に捨てられた、偏屈な数学教師の穂波孝(竹野内)。そんな彼が、人生を変えるために訪ねた先は町外れの小さな朗読教室だった。謎多き女性講師(麻生)や個性的なクラスメートと共に、新しい自分を見つけるレッスンが始まる。

 これがNHK連続ドラマ初主演となる竹野内は「こんなに素晴らしい作品に参加できて、大変うれしく思っています」とあいさつ。第一話を見た感想については「自分で言うのもなんですが、すてきな作品が出来上がった」と自信をのぞかせながらも「孝を演じていると、とにかく歯がゆくて、情けなくて、惨めで…。見ている途中から『お前、頑張れ!』と応援したくなりました」と自身の役どころにツッコミを入れた。

 ドラマでは、子どもを連れて実家に戻った妻から、弁護士を通じて離婚の要求をされる一幕も。これまで“二枚目”な役が多かった竹野内だが「孝との共通点は?」と尋ねられると「孝が『心にぽっかり穴が空いている』と言っていたけど、それは僕も…」と告白。会場が微妙な空気になると「これが記事になっちゃうかな?」と苦笑いしながら「誰にでも大なり小なりあると思う。僕も46年生きていますので、いろいろありますよ」と話した。

 また、朗読教室が舞台となる本作だが、記者から「竹野内さんの声に憧れる人も多い」と振られた竹野内は「自分の話し方や声もそうですが、コンプレックスはたくさんあります。役者でもやってなければ、たくさんの方の前でマイクを持つこともない。自分としてはなるべく避けていきたい」と本音をのぞかせた。それでも最後は「今回、麻生さんに『いい声ですね』と褒めていただけたので、自信を持ってもいいのかなと思っています」と笑顔を見せていた。

 ドラマはNHK総合で、9月8日午後10時から毎週金曜日に放送。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ