エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

北翔海莉、21年ぶりのスカートに「楽しい」 “イケメン”新納慎也と舞台で恋模様を展開

(左から)振付のニック・ウィンストン、新納慎也、北翔海莉、演出のトム・サザーランド

 ミュージカル「パジャマゲーム」の公開稽古&囲み取材会が30日、東京都内で行われ、出演者の北翔海莉、新納慎也、演出のトム・サザーランド、振付のニック・ウィンストンほかが出席した。

 1954年にブロードウエーで初演され、55年にトニー賞を受賞した本作は、“7セント半の賃上げ”を望むパジャマ工場の労働者と、雇用者の闘いをコミカルに描いたラブコメディー。 

 仕事命の“ハンサム・ウーマン”ことベイブを演じる北翔は「オープニングからとてもワクワクする振り付けで、私たちも今から楽しみで仕方がない」と満面の笑み。北翔にとっては、本公演が宝塚退団後初の舞台出演となるが「連日、遊園地に行くような気分で稽古場に来ている」といい「素晴らしい共演者の方に恵まれてとても充実した毎日です」と目を輝かせた。

 また、星組では男役トップスターだった北翔にとっては、これが初めての女性役。「初めは不安と緊張があった」そうだが「ベイブは芯のしっかりした、あまり女性、女性していない人物」ということもあり、「自然体で開放的にお芝居できる。気張っていない」と余裕も見せた。

 そんなベイブと会った瞬間に恋に落ちるのが、新納演じる“イケメン工場長”ことシド。相対する立場の2人の恋には困難が待ち受けるが、新納は「(稽古で)日々、北翔海莉が“おんな”になっていくのをものすごい距離感で見ています」と笑わせた。

 一方、スカートをはくのは実に「21年ぶり」だという北翔は「踊る場面があるのですが、(宝塚の)女役の人はこんなに大変な思いをしていたんだなって」と苦笑い。所作も改めて学んだそうで「今までにない経験が多くてすごく楽しいです」と声を弾ませた。

 新納も久々の“イケメン役”に「一応、セリフだとわかっていても『今度の工場長かっこいいよね』と言われると、だんだん気持ちがよくなってくる」とご満悦の様子。「こんなイケメン役は後にも先にも、もう来ない」とファンに舞台必見を呼び掛けていた。

 舞台は、9月25日~10月15日に東京・日本青年館ホール、10月19日~29日、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

3回戦の結果(7月11日開催)

川崎フロンターレ 1-1(PK:4-2) 水戸ホーリーホック 湘南ベルマーレ 1-1(PK:4-3) V・ファーレン長崎 サガン鳥栖 3-1 徳島ヴォルティス ヴィッセル神戸 6-1 ジェフユナイテッド千葉 柏レイソル … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ