エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

カズレーザー、経験談交え受験生にアドバイス! 「もっと勉強すればよかったと後悔しかない」

 “メイプル超純金”として登場した安藤なつ(左)とカズレーザー

 「明治 キシリッシュ 受験生応援イベント」が26日、東京都内で行われ、お笑いコンビ、メイプル超合金のカズレーザーと安藤なつが登壇した。

 2人は縁起のいい“金ピカメーク”を施した “メイプル超純金”として登場。「本番の試験で落ちないために、2人に代わりに落っこちてもらう」という趣旨のもと、尻相撲対決を行った。3本勝負で勝利したカズレーザーは「これを見て喜んでくれている受験生は何人いるんだろう…?」と不安げにボヤいて、笑いを誘った。

 受験生にとっては勝負の夏もいよいよ終盤とあり、過去の受験エピソードを聞かれた2人。カズレーザーといえば、関西の名門・同志社大学出身だが、勉強を始めたのは「高3年の春夏」からだそうで「もっと勉強すればよかったと後悔しかない。サボちゃったから、今の大学…みたいなところはある。国民、皆サボらなかったら東京大学に行ける。皆どこかで人生、サボっているんですよ」と持論を展開した。

 「あまり根を詰めた勉強をしなかった」と当時を振り返ったカズレーザーは「大人になって、絶対にもっと勉強しときゃよかったと思う時が必ずくるから、今の受験生にはもっと勉強してほしい」とアドバイスした。

 受験必勝法を問われるも「受験の裏技とかテクニックとか、そういうことを言うやつには耳を貸さないこと」と忠告すると「絶対に地道な努力の方がいい。効率のいい方法を調べるのが一番効率が悪い。だったら1個でも英単語を覚えて」と呼び掛けた。

 一方「高校受験しかしていない」という安藤は「夜間の高校。受験テストの英語はアルファベットのAからZまでを書ければ合格だった」と明かし、さらに「小文字のpとqを逆に書いちゃった」と苦笑い。「もともと学校があまり好きじゃなかったけど、高校だけは出てくれと(家族に)言われて…」と振り返り、「(受験応援イベントなのに)本当に申し訳ない」と平謝りだった。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ