エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

来年度前朝ドラに佐藤健、松雪泰子らが出演 ヒロイン永野芽郁は「一生懸命頑張りたい」

永野芽郁(左)と佐藤健

 NHK 2018(平成30)年度前期 連続テレビ小説「半分、青い。」の主な出演者発表会見が22日、東京都内で行われ、ヒロインを演じる永野芽郁ほかが登場した。

 本作は、岐阜県と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロイン鈴愛(すずめ)が、高度成長期から現代までを七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げるまでの物語。北川悦吏子氏が脚本を手掛ける。

 会見では、新たな出演者として佐藤健、松雪泰子、滝藤賢一、原田知世、谷原章介、風吹ジュン、中村雅俊、余貴美子が発表された。

 鈴愛のソウルメイトの律を演じる佐藤は「律と鈴愛の関係はすごく微妙で、北川さんがおっしゃっていたのは『ラブストーリーなんだけどラブストーリーじゃない、恋愛をするタイミングを逃してしまった2人、しかし恋愛を超越した何かによって結ばれている2人を描きたい』というもので。それがどういう愛の形なのかまだ僕には見えていないのですが、これから永野さんと見付けていけたらいいなと思います」と語った。

 永野は、新たな出演者らが発表された心境について「こんな大先輩たちとご一緒できるんだってうれしくなったんですけど、私だけ子どもで、皆さんに迷惑を掛けちゃうんじゃないかって心配も出てきましたが、一生懸命頑張りたいなと思います」と話した。

 映画『るろうに剣心』で共演歴がある永野と佐藤。互いの印象について聞かれると、永野は佐藤について「私が小学生の時にご一緒したんですけど、その時も周りを優しく包み込むような方だったので、もう心配ないって思いました」と明かした。

 佐藤は永野について「小学校の時から顔立ちがはっきりしていて、かわいくもあるんだけど美人さんだなって印象があって。今日久々にまたお会いして、あまり変わっていなかったです。(当時は)すごい小っちゃくて、でもオーラがありました」と振り返った。

 ドラマは2018(平成30)年4月2日~9月29日に 全156回放送予定。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ