エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

西田敏行、初共演の山田涼介を絶賛 「ジェームズ・ディーンと会ったような…」

(左から)西田敏行、村上虹郎、寛一郎

 映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の完成披露試写会が18日、東京都内で行われ、出演者の山田涼介、村上虹郎、寛一郎、林遣都、門脇麦、尾野真千子、西田敏行が登壇した。

 本作は、東野圭吾氏の同名小説を映画化した感動作。

 主演の山田は、初めて原作を読んだ時に「これを2時間にまとめるのは無理なんじゃないかと思った」と語ったが、完成作を見て「うまいことハーモニーを奏でていたので、そこは監督すごいなって…。人と人とのつながりの大切さを再確認できる作品。奇跡は信じるものじゃなくて、自分の手でたぐり寄せるものなんだと思える映画です」とアピールした。

 一方、雑貨店の店主を演じた西田は「今、このステージには、日本映画を牽引(けんいん)する素晴らしい才能たちが集まっている。こんなにぜいたくなことはない」と共演陣を絶賛。続けて「ここにいない人は、もうほとんど(俳優を)辞めたほうがいいんじゃないかな」と冗談めかして、会場を盛り上げた。

 西田は、今回、初共演となった山田、村上、寛一郎について「初めての感じがしない。それはなぜかというと僕が子どものころ、青春期に見た映画の人と、彼らの感性が重なったから」と説明。まずは、山田との共演を振り返り「『エデンの東』の時のジェームズ・ディーンと会ったような気がした」と告白した。

 会場に拍手の音が響く中、ガッツポーズを決めた西田は、さらに「虹郎! 虹郎に会った時は、僕が夢中になったポーランド映画『灰とダイヤモンド』で、主人公のテロリストをやった(ズビグニエフ・)チブルスキーという役者の感性と重なった」と印象を明かした。

 そして「寛一郎」と続けた西田は「僕がずっとお世話になった三國連太郎さん。僕は三國さんのことを日本のマーロン・ブランドだと思っていた。そのマーロン・ブランドと重なった。木下惠介監督の『善魔』でデビューした新人の三國連太郎と寛一郎が妙に重なりますね」とコメント。祖父と重ねられ、照れ笑いを浮かべる寛一郎を眺めつつ、西田は「今日、俺、結構良いことを言っているな」と自画自賛しながらほほ笑んだ。

 ところが、ここで「ちょっと一ついいですか!」と割って入った山田が「西田さんが雑誌の取材などで『山田くんがジェームズ・ディーンと重なった』と言ってくれてすごくうれしくって。でも映画のパンフレットを読んでいたら『林遣都くんがジェームズ・ディーンに重なった』と書いてあって…」と西田のコメントの食い違いを指摘した。

 「あれ…!?これ、ちょっと待って、と思って…」と戸惑いを明かした山田に、西田は「ジェームズ・ディーンはいろんな作品で違いますから。山田くんは『エデンの東』の時、遣都くんは『理由なき反抗』の時か、何かよく分からないけど…」と釈明し、笑いを誘った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第98回天皇杯 トピックス

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会 47都道府県代表決定

天皇杯 JFA 第98回全日本サッカー選手権大会(5月26日開幕)に出場する都道府県代表チームが決定しました。 北海道:北海道教育大学岩見沢校 青森県:ラインメール青森 岩手県:グルージャ盛岡 宮城県:ソニー仙台FC 秋 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ