エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

斉藤由貴、「一線は?」に不快感 W不倫報道受け会見

 妻子ある50代の開業医との“ダブル不倫”を「週刊文春」に報じられた女優の斉藤由貴が、一連の報道を受けて3日、所属する東京都内の東宝本社で会見を開いた。

 冒頭に斉藤からの釈明などはなく、報道陣からの質問に答える形で始まった会見。報道のあった相手との関係については「家族が皆お世話になっているお医者さんです」と答えた。

 掲載された“手つなぎデート”写真については、映画を見終わった後に「階段を降りるときに足元がおぼつかず、なんとなく支えてくれるようなところのある方なので」と相手の人柄を明かした上で「一瞬ぱっと手が出て、それを握ってしまって。でもそのまま離した。多分すごく一瞬のことだと思います」と説明した。

 夜に映画を見に行くことは“デート”なのではないかと、既婚者としての倫理観を問われると「そっか…そうですね。そういう気持ちが、そういうところが甘いんですね」とどこか納得した様子も。「やっぱり、好意はあるから手を出されたときにつなぐということがあるんだと思います」と好意があったことは認めた。

 「男女の関係ではない?」と踏み込んだ質問には「そういうことではなくて」と即答。「一線は超えているのでしょうか」と追及されると「そういうことではないです。そういうことを聞かれるのはなんか…」と首を傾げて不快感を露わにした。

 斉藤と医師がマンションで会っていたことを夫が知らなかったとする報道内容には、先に取材を受けた斉藤が「家族にも聞きに来るから。全部私が答えるから。知らない、わからないと言っておいて」とあらかじめ夫に頼んであったと説明。「主人はその通りに言った。なんとなくは知っていたと思います」と答えた。

 不倫疑惑が明るみに出てからも夫とは電話で連絡を取り合っているというが、報道を知った夫の思いについては「当然責められて然るべきなので、実は怖くてまだ聞けていない。主人も特に何も聞いてこない。ドラマのロケがあったり、きのうは記事のことがあって家に帰れなかった」とまだ顔を合わせていないという。

 夫婦関係が壊れる可能性には「ほんの数秒でも一瞬手があれしちゃって、そういう風にやったのは確かだと思うので」と言葉を濁し、「ぎゅっとつないで親密に、という記事を読んだ主人がそう思うとしたらしょうがないという気持ちもありますけど。こればかりはこれから」とコメントした。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ