エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

向井理、祖母役の野際陽子さんの死が「信じられない」 尾野真千子「野際さんから受け継いだことがある」

ヒット祈願を行った(左から)深川栄洋監督、尾野真千子、向井理

 映画『いつまた、君と~何日君再来 ~』の公開直前 映画ヒット祈願イベントが19日、東京都内の神田明神で行われ、出演者の尾野真千子、向井理ほかが登場した。

 本作は、向井が祖母の卒寿の祝いに、家族や親戚と自費出版して贈った祖母の手記を、映画化に向けて7年の歳月を掛けて企画した意欲作。戦後の混乱に翻弄されながらも、懸命に生きた家族の愛を描く。

 向井は「特別な家族の話ではなくて、戦後の大変な時代の全ての家族に当てはまる物語だと思っています。多くの家族に見てもらいたい作品です」とアピールした。

 本作では、向井の祖母・朋子の若き日を尾野が演じたが、81歳の現代版の朋子は13日に死去した野際陽子さんが演じており、野際さんの最後の映画出演作となった。

 トークコーナーでは、先月、野際さんが本作に寄せた「尾野さんが大切に演じられた、若い朋子のイメージを壊さないことを常に心に演じました。二度とあのような時代が来ないことを祈ります。それがどんなに大変な日々だったか、ひしひしとこの映画から感じていただきたいです」というコメントが読み上げられた。

 尾野は「野際さんから受け継いだことが、私を通して、向井くんを通して、いろんな人を通して、作品となって、受け継がれていったらいいなと感じました」と語った。

 向井は「この作品をやるに当たって、野際さんから、僕の祖母がどういう人だったのか、という長い質問状を頂きました。本当に役のことを一番に考えていらっしゃる方だったので、いまだに信じられないです」とコメントした。

 向井は、祖母を演じた野際さんをスクリーンで見た時「やっぱり似ていました。雰囲気とか方言が。ばあちゃんがいるって、すごくびっくりしました」と明かした。

 映画は6月24日からTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ