エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

山田孝之、目指すは日本アカデミー賞!? 「18年やってきて、いまだに声が掛からない」

主演の山田孝之

 『映画 山田孝之3D』の公開記念舞台あいさつが17日、東京都内で行われ、出演者の山田孝之、芦田愛菜、松江哲明監督、山下敦弘監督が登壇した。

 本作は、テレビ東京ほかで放送されたドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」をきっかけとして生まれた3D映画。俳優として変化し続け、観客を煙に巻き続ける「山田孝之」とは何者なのか、イリュージョンのような言葉と映像で表現する。

 公開を迎えた心境を問われた山田は「何とかして上映を止めようとしたけど止められなかった」と苦笑い。「チャプリンの『独裁者』以来、全国で何館のスクリーンが破かれるかと心配しているぐらいです」と語った。

 また、司会を務めた芦田が「今の山田さんは、賞を取ることを目的に映画を作ることはないと思いますが、今後、そういう気持ちになる可能性は?」と質問すると、山田は「いえ、賞のことしか考えていません」とまさかの返答を。

 「良い芝居、良い映画、良い俳優、どうでもいいです。僕は賞のことだけを考えて生きていきます。何とかして、まずは日本アカデミー。18年やってきていまだに声が掛からない。何としても、どんな手を使っても、賞を取りたいと思います」と語った。

 松江監督が「どんな手を使えば取れるもんなんですかね?」と反応すると、山田も「いろいろ試してみます。まずは貯蓄を増やしてみます」と応じて笑わせた。

 本作のキャッチコピーは「山田孝之全告白」。山田は「告白して後悔しかない。皆さんまだ見ていないから元気ですが、先ほど、上映後の舞台あいさつでは(観客が)シーンとしていました。一応、『映画の最後の方でムカついた方いますか?』と聞いたのですが、5、6人の方が手を上げました」と明かした。

 一方、山下監督は「見どころは全部」と自信をのぞかせながらも「個人的には“ちゃんと見ないで”ください。シンプルだけど、とにかく情報量がすごい。考えながら見たら脳みそが疲れちゃうので、浴びる感覚で見ていただけたら」と珍アドバイスを送った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ