エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

鈴木亜美、出産後2カ月で13キロ減 愛息のクセも“アヒル口”

安産レシピ本を出版した鈴木亜美

 今年1月に第1子となる男児を出産した鈴木亜美が、自らの初の料理本「Ami’s Recipe Book かわいい妊婦の安産レシピ」発売記念試食パーティーを18日、東京都内で開催した。

 フードアナリスト2級の鈴木によるレシピ本には、SNSに載せたくなるような彩りも盛り付けもかわいいメニューが満載。栄養士協力のもと、すべてのメニューに詳細な栄養素が明記されており、「自分が妊娠して、こういう本があったらいいなと思う本を作りました。料理が苦手な方も幸せで楽しくなれるレシピがたくさん詰まっています」とアピールした。

 出産後初めて公の場に登場した鈴木は「緊張しますね。今までと責任感が違うというか。息子がいるとなると『ママ頑張るからね』という気持ちがすごく強くなりました」とママの顔。妊娠前と変わらないスタイルには「食事のことも普段から気をつけていたので、2カ月くらいでもとに戻りました。13キロ増えたので、13キロ落ちましたね」と明かした。 

 子育てについては「毎日毎日かわいい。“かわいい”が増していって止まらないです」と日々の成長を喜び、「目元は旦那に似ていて、口元は私にそっくり。クセも一緒です。アヒル口をよくしていて、客観的に見て私はこういう口をしているんだなと思います」と笑わせた。

 また、第2子についても「考えています。1人目が男の子だったので、できれば女の子がほしい。本当は4人くらいほしいけど、現実的に2人で我慢しようって感じです」と意欲を見せ、ママになってからは「自分のことはどうでもよくなった。子どもが一番で、子どもが過ごしやすい環境を作ってあげることが第一」と幸せオーラを振りまいていた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)の結果(9月20日開催)

松本山雅FC 0-2 ヴィッセル神戸 浦和レッズ 2-4 鹿島アントラーズ セレッソ大阪 1-0 名古屋グランパス 筑波大学 0-2 大宮アルディージャ 横浜F・マリノス 3-2 サンフレッチェ広島 AC長野パルセイロ … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ