エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

伊野尾慧、まさかの“甘えん坊”判定に苦笑 “キャラ作り”も指摘され「営業妨害です!」

ヒロインを演じた山本美月

 映画『ピーチガール』の完成披露試写会が20日、東京都内で行われ、出演者の山本美月、伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)、真剣佑、永野芽郁、本仮屋ユイカ、水上剣星、升毅、菊池桃子、神徳幸治監督が登壇した。

 会場で、女性ファンの黄色い歓声に迎えられた伊野尾は「皆さん、本当にキャーキャー言ってくださりありがとうございます」と照れ笑いであいさつ。ヒロインを演じた山本美月も「こんなにキャーキャー言ってもらえる作品に関われて幸せ」と感謝し「ここからが『ピーチガール』のスタート。皆さんに愛される映画になってくれたらうれしいです」とヒットに期待を込めた。

 この作品は、見た目は派手だが中身は超ピュアな女子高生もも(山本)と、学校一のモテ王子カイリ(伊野尾)のラブストーリー。この日はキャスト陣が、劇中に登場する各キャラクターの“ギャップ”にかけて「ギャップ診断」に挑戦した。

 心理テストの結果、カウンセラーから「安心、安定、安全が基本軸」「フラットに見せても実は自己防衛心が強い」と評価された伊野尾は「本当につまらない人間ですね」と自虐コメント。さらに「マイクが口に近い」というその仕草から「唇の周りに物があることで安心感を覚えるのは“甘えん坊”のしるし」と分析された伊野尾は「それ、赤ちゃんと同じですよ…」とただただ苦笑いだった。

 また総合的な結果として、カウンセラーは「伊野尾さんの場合は、キャラを作っているようで実はあまり無茶ができないタイプ。もしかしたらキラキラしたアイドル像を意識的に作られているのかも」と指摘。ここで司会から「まさか無理しているんですか?」と際どいツッコミを受けた伊野尾は「営業妨害ですよ! 何で試写会で、今後の仕事の妨害をされなきゃいけないんですか。これからも(アイドルとして)コンサートとかをやっていくんですから!」とタジタジになりながら抗議し、会場の笑いを誘った。

 このほか、劇中で個人的に“一番胸キュン”したシーンを尋ねられた伊野尾は「ももちゃんのスカートがバッとめくり上がるシーン」を挙げ「あの場面は、同世代の男子ならめっちゃキュンキュンすると思う」と力説。山本も、照れ笑いを浮かべつつ「私もめっちゃパンツを選びました。初めてパンチラをしました」と熱演に胸を張った。

 映画は5月20日から全国ロードショー。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

1回戦の結果(4月22、23日開催)

アルテリーヴォ和歌山 2-3 FCマルヤス岡崎   いわきFC 8-2 ノルブリッツ北海道   ギラヴァンツ北九州 10-0 アルヴェリオ高松   韮崎アストロス 1-5 ブリオベッカ浦安   AC長野パルセイロ 1-0 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ