エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

松坂桃李、母親から「カッコつけるな」と苦言 菅田将暉、JINからの手紙に「うれしいです」

ジンを演じた松坂桃李

 映画『キセキ ―あの日のソビト―』の初日舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈ほかが出席した。

 本作は、覆面ボーカルグループGReeeeNのプロデューサーを務めるジン(松坂)と弟のヒデ(菅田)が、歯科医と歌手という二つの夢を追い掛ける姿を描く、実話を基にした青春物語。

 松坂らは、観客500人が「キセキ」を大合唱する中、登場した。本作は、夢を追い掛ける兄弟の前に立ちはだかる厳格な父親と、優しく見守る母親の姿も描かれている。

 これにちなみ「実際に自分の家族は、夢を応援してくれた?」と質問されると、菅田は「うちはおやじが(俳優の仕事に)大賛成で、おやじの方が俺より前に出ているような人なので。バラエティー番組で子どものころの写真が必要ですってなった時に、もう100枚単位であれもこれもって出す人で、なぜかその中におやじの写真が混ざっていたりする人なので、うちは大賛成ですね」と父親の素顔を披露した。

 一方、松坂は「僕は父が厳しかったので猛反対されました。『ふざけんな、ばか』みたいな。でも押し切ってやって、今はほんのり応援してくれているんじゃないかなと思います」と父親の様子を語った。

 「家族はこの映画を見ている?」と聞かれると、「お袋は見てくれたらしいです。『あんたカッコつけるのやめなさい』って(言われた)」と明かした。

 これに対し菅田は「何を思って(松坂の母親は)言っているのかね。タトゥーの話かなあ。びっくりしちゃったのかな」とコメントし、松坂も「うん、ひげとか髪の色とかかな」と推測して、会場の笑いを誘った。

 また、GReeeeNのプロデューサーのJINがキャストの面々に向けて書いた手紙がサプライズで披露された。

 松坂が「(映画を見て)当時、弟たちや家族と歩んだ道、ソビト(※GReeeeNによる造語で、自由に新しいことに挑戦していく人のこと)だったメンバーや私自身の奇跡を思い出しました。(中略)これを見た日本中、世界中のソビトの背中を押すことができたら、少しでも世界のどこかの奇跡の手助けができたら。私は、仲間たちとこれからもソビトとして走り続けます。来週あたり、飯でも行きましょう」と読み上げた。

 これを聞いた菅田は「うれしいですね。GReeeeNさんやJINさんが温かい人だから、これだけの大っきなことになっているんだなと感じます」とコメント。

 松坂も「JINさんは人柄が本当にすてきで、いっしょにいてとても和らぐ人だなと思います」と語った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ