エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

横山裕&濱田崇裕、大阪愛エピソードを披露 北川景子「あの色気はマナミちゃんにしか出せない」

イケイケやくざの桑原を演じた佐々木蔵之介

 映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』の初日舞台あいさつが28日、東京都内で行われ、出演者の佐々木蔵之介、横山裕(関ジャニ∞)、北川景子、濱田崇裕(ジャニーズWEST)、矢本悠馬、橋本マナミ、木下ほうか、橋爪功と小林聖太郎監督が出席した。

 本作は、イケイケやくざの桑原(佐々木)と、ぐーたら貧乏の二宮(横山)という凸凹コンビが、もうけ話にだまされ、詐欺師の小清水(橋爪)を追って関西、マカオを奔走する姿を、アクションと関西弁の軽妙な掛け合い満載で描く。

 横山は「撮影していたのが1年前で、今日という日を無事に迎えられてほっとしています。やっていて充実していたのでまた二宮をやりたい」と語った。

 続けて「(原作者の)黒川(博行)さんの作品はシリーズ化されているので、いろいろな可能性を秘めている映画。初日を迎えてここからが勝負だと思っています。どうか皆さんの力を貸してください」と続編製作への希望を呼び掛けた。

 一方、佐々木は「大阪が舞台で関西弁のかっこいい映画が撮れたらと思っていまして、見事にその映画が撮れました」と自信をのぞかせた。

 また、京都出身の佐々木が“東京に魂を売った”瞬間のエピソードとして「受験で一番最初に東京に来た時、東京駅から新宿駅への行き方を聞こうとして『新宿はどこですか』と早々に標準語が出た。ものすごくヘコんであかんと思って、そこからはずっと関西弁を押し通した」と明かして笑いを誘った。

 濱田も「魂を売ったことにしたら面白いなと思ったけど、うそになるので。うそはよくない」と一貫して大阪愛を語ると、横山も「この前、大阪でロケをしていたら普通におばちゃんが僕に近づいてきて、僕のポケットにそっとあめちゃんを入れていった。いい街ですよ」と温かいエピソードを披露してアピールした。

 その他、劇中で小清水の愛人役を演じた橋本は「大ヒット祈願ということで小清水さんがだまし取った金額ぐらいのアクセサリーを着けてきました。レンタルですけどね」とほほ笑んだ。

 それを聞いた北川は「ぱっと考えた時にマナミちゃんの役はできないなと思いました。あの色気はマナミちゃんにしか出せない」と語った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ