エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

マッツ・ミケルセン、約1年半ぶりの来日にファン歓喜! 樋口可南子、役と素顔のギャップにメロメロ

笑顔であいさつしたマッツ・ミケルセン

 映画『ドクター・ストレンジ』の初日舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、闇の魔術師カエシリウス役のマッツ・ミケルセン、日本語吹き替え版声優の樋口可南子と井上和彦が登壇した。

 本作は、交通事故で両手の機能を失った天才外科医ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)が、厳しい修行の末に人知を超えた魔術の力を得て、世界滅亡を企む闇の魔術に立ち向かう姿を描くファンタジックアクション。

 大歓声で迎えられたミケルセンは「コンニチワ、トーキョー! たくさんの方に来てもらえてうれしい」と笑顔であいさつした。

 ミケルセンは「10歳の時、僕の人生はマーベルコミックスを読むか、いかにブルース・リーになるかでいっぱいだった。それが約40年後、(スコット・デリクソン)監督のスタッフからの電話で、『マーベル映画でフライング・カンフーをやらないか』と言われた時、子供のころからの夢がかなったと心から思ったよ」と明かした。

 また『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』にも出演したミケルセンは「デンマーク人の僕が、この二つの(ハリウッド)大作に出演していることはシュールに感じるけど、一生忘れることはない」としみじみと語った。

 ファンからの質問コーナーも設けられ、特殊メークの感想を問われると「最初は毎朝3時間もメークかぁと思ったけど、今はかなり効いているメークだし、それに費やした時間も価値があったと思っている」と返答。

 カンバーバッチについては「メークトレーラーで生まれたばかりの息子と毎日の朝夕2時間もスカイプをしているのを見ていたから、現場にその子がやって来た時は初めて会った気がしなかった」と子ぼんのうぶりを暴露し、笑いを誘った。

 気さくに話をするマッツに、樋口は「(役同様に)ギラギラしている方かと思っていたけど、ナチュラルで、にこやかで優しいんですよ~。このギャップがたまらない!」と思わずミケルセンの体に触れるほどメロメロの様子だった。

 映画は1月27日から全国ロードショー。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ