エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

Hey!Say!JUMPが笑顔でジャンプ! 薮「知念の体と差し替えてください(笑)」

 日やけ止めスプレー「サンカット」の新CM「2017年サンカット日やけ止めシリーズ」篇が2月1日から順次全国でオンエアされる。CMキャラクターは引き続きHey!Say!JUMPが担当する。

 CM本編では、セーラーマン(船乗り)に扮したHey!Say!JUMPが新曲「Smile in Summer」に乗せ、曲のタイトルのようなはじける笑顔で夏の青空に向かって躍動感あふれる大ジャンプを披露している。

 撮影では、トップバッターの伊野尾慧がジャンプを続けるうちにどんどんと高さを増すトランポリンに「すごい跳ぶ!」と思わず空中で叫んでしまうほど思い通りにいかない様子。2番手の山田涼介は伊野尾のジャンプを真剣な眼差しで眺め、コツをつかめていたようですぐに大きく腕を開いたり、ひねりを加えたりと難易度の高いジャンプを連発。続く岡本圭人は息を切らすほどの果敢なジャンプを披露。トランポリンを降りたときの清々しい笑顔が印象的だった。

 その岡本から「(うまく跳ぶには)気持ちが大事!」というアドバイスを受けて臨んだ知念侑李はもともと1m20cmあるトランポリンの上で大ジャンプ。最高到達点は4mをゆうに超え、その様子を下から見守るメンバーからは「知念かっこいいな!」と絶賛の声が。トランポリンから降りた知念は拍手で迎えられた。「知念の後じゃムリ~」と言っていた薮宏太も発言は弱気だが、ジャンプはダイナミック。しかし、着地で少しバランスを崩すと、「知念の体に差し替えてください(笑)」と笑いを取ることも忘れなかった。

 そして、この難関シーンで一番有利だったのが、終盤にジャンプをした八乙女光、高木雄也、中島裕翔、有岡大貴の4人。先にジャンプを終えたメンバーからの熱心な指導やアドバイスに、完璧なイメージトレーニングを積むことができた4人は完璧にジャンプをこなし、空中で飛び切りの笑顔を披露する余裕も生まれ、Hey!Say!JUMPのチームワークの良さと個性が光る特徴的なシーンに仕上がった。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

ラウンド16(4回戦)マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(9月20日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16 マッチスケジュール   … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ