エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

平埜生成&超新星ユナク 連続ドラマ「バウンサー」の撮影スタート

(C)2017スカパー!/スタジオブルー

 BSスカパー!は4月14日からオリジナル連続ドラマ「バウンサー」を放送する。原作は男性だけでなく、女性からも絶大な支持を集めるアウトロー漫画家みずたまこと氏の「バウンサー」(秋田書店刊『別冊ヤングチャンピオン』連載中)。

 こらえ性がなく、許せないことがあると我慢ができず、すぐに喧嘩をしてしまう獅子戸丈一郎(ししどじょういちろう)は、ある出来事がきっかけで夜の街の用心棒集団・民間警備会社「東京フィスト」に研修生として入社する。研修中の直属の上司として、敏腕社員で超高圧的な性格の蜂野信也(はちのしんや)と出会い、獅子戸は次々に現れる猛者たちに圧倒されながらも、肉体的にも精神的にも少しずつ成長していく。

 獅子戸役を俳優・平埜生成(ひらのきなり)が、蜂野役を男性ボーカルグループ・超新星のユナクが務める。主演2人がそろった撮影では、ユナクは韓国から到着後すぐに現場に合流。キャストやスタッフに声をかけ、現場を盛り上げた。

 一方、平埜はこの作品で日本人役を初めて演じるユナクに、日本語のイントネーションを教え、撮影開始から自主的に2人でセリフ合わせをする場面もあり、作品に対する意気込みが現れていた。アクションシーンも多いこのドラマでは、息の合った演技が必要不可欠。今後の撮影そして作品の仕上がりに期待が高まる。

 平埜は「4月にぴったりの作品だと思います。腐った若者が何かを見つけようと、光に向かって歩み出す話です。何か新しいことを始める人にぜひ見てもらって、自分自身の譲れないモノを見つけてもらえるとうれしいです。“獅子戸がどんな人生を歩んできたか”ということはブレないようにやっていきたいです。映像化でしか表現できないこと、漫画でしか表現できないこと、“なぜこの作品を実写化するか?”を考えて演じたいです」とコメント。

 ユナクは「日本人の役が初めてでプレッシャーはありますが、スタッフ含めキャストの方たちが指導してくれるし、すごい勢いを感じます。平埜くんは獅子戸と真逆の性格で、撮影現場ではすごく真剣に役作りを考えていて感心しています。蜂野は自分の性格と近いキャラクターで、自分なりの蜂野に消化できるように演じたいと思います。この作品を見た人に『(原作の蜂野に)本当、近いな』、『(蜂野の役が)ユナクでよかったな』『ユナクが演じているように見えなかった。蜂野にしか見えなかった』と言われたいです」と、両者とも気合の入った様子で語った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ