エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

鈴木亮平、演じた“銭形警部”は声に手応えあり 栗田貫一も絶賛「山寺宏一よりいい」

主人公の銭形警部を演じる鈴木亮平

 日テレ×WOWOW×Hulu共同制作ドラマ「銭形警部」完成披露試写会&舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の鈴木亮平、前田敦子、三浦貴大とスペシャルゲストとして栗田貫一が出席した。

 このドラマは、「ルパン三世」シリーズの登場人物、銭形警部を主人公として各社それぞれ独自のオリジナルストーリーで展開する、局の垣根を越えひとつの作品として制作された大型プロジェクト。日テレ「金曜ロードSHOW! 銭形警部」を皮切りに、WOWOW「連続ドラマW 銭形警部 漆黒の犯罪ファイル」、Hulu「銭形警部 真紅の捜査ファイル」がそれぞれ放送される。

 会場内に乗り付けたパトカーから降りて寸劇を繰り広げた主人公の銭形警部こと銭形幸一役の鈴木は、あらためてステージに立つと「さっきのミニコントの疲れが…。銭形は久しぶりにやりました」と苦笑交じりに振り返り、「単純に銭形警部が主人公の作品を見てみたいとお客さんとして思いましたが、クランクインが近づくにつれてだんだん怖くなっていって、しまったと思いました」とオファーを受けた際の心境を明かした。

 一方で警視庁捜査一課の若き女性刑事・桜庭夏希を演じた前田は「鈴木さんだと聞いてすごく安心したし、ここは鈴木さんにすべて乗っからせてもらおうと思ってやらせていただきました」、同じく捜査一課の刑事・国木田晋太郎役の三浦も「鈴木さんなら大丈夫かと思って丸投げしていました」と語り、初耳だった様子の鈴木は「俺が受けたときの責任感とのギャップがすごいね」と笑わせた。

 それでも演じているうちに「自分が銭形でいることが自然になってきた。演技って楽しいなと思いました」と自分のものにしていったという。一番こだわったのは練習して編み出したという声で、「ルパン!」と呼ぶバリエーションを4つほど披露して会場から拍手を浴びたが「銭形をやってから普段しゃべる声が低くなってしまった」と思わぬ副作用を明かした。

 また、ルパン三世のアニメ声優でドラマではオープニングのナレーションを務めた栗田がスペシャルゲストとして登場すると、鈴木の銭形ぶりを「ルパンってアニメだから、人間が演じるのは難しいじゃないですか。でも銭形はあるんだなと思いました。申し訳ないんだけど、(アニメで銭形役の声優)山寺宏一よりいいんだよ」と絶賛していた。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ