エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

齋藤飛鳥、初のソロ写真集は「ほぼほぼ素」 「これを見る人がいるんだ…」

お気に入りのページを広げる齋藤飛鳥

 乃木坂46の齋藤飛鳥が25日、自身のファースト写真集『潮騒』の発売を記念して、都内でサイン本お渡し会を行った。

 乃木坂46の次の世代を担うメンバーとして注目を集める「あしゅ」こと齋藤が、待望のソロ写真集を発売。北海道と石垣島で撮影された写真集について、「(私の)ほぼほぼ素の感じが出ています」とアピール。具体的に突っ込まれると「4分の3は素です。残りの4分の1は“作って”います」とはにかんで、報道陣の笑いを誘った。

 「元々ちょっとネガティブ」と自己分析する齋藤は、ソロ写真集の発売決定を知った時も「ネガティブな発想しか出てこなくて、(スタッフに)『何で私なんですか?』と何度も問い詰めました。1冊(まるまる)、自分の顔だけになるわけじゃないですか。どういう気持ちになるんだろうと思って」と、当初は戸惑いの気持ちが大きかったことを明かした。

 過去にソロ写真集を出した先輩たちにも「それとなくアドバイスをもらおうとした」そうだが、「私がさり気なく聞き過ぎたせいで、(質問の意図が)伝わらなかったみたい。明確な答えはもらえませんでした」と苦笑い。出来上がりを見た感想についても、「うれしいのですが、これを(買って)見る人がいるんだ…という不思議な気持ち」と自信なげに語り、乃木坂メンバーの反応についても「恥ずかしくて自分からは見せていません。秋元真夏ちゃんに『見せて』と言われたけど、『嫌だ。買ってください』と言いました。なのでまだ感想は届いてないです」とマイペースに語った。

 タイトルが「潮騒」となった理由を問われると「まったく分かりませんが、三島由紀夫さんの『潮騒』という本が結構好きなのでうれしいです」とニッコリ。一方で「ファンの方から結構、『読めない』『なんて読むの?』と握手会で聞かれるんです。日本が心配で…」と淡々と語り、笑わせた。

 出来栄えを百点満点で評価するように求められると「低く言ったらいろんなところに波が立つし、高く言っても…。すごく嫌な質問」と困り顔。「この1冊を作るためにいろんな方に動いていただいたので、それが形になったという点ではものすごくありがたい」としつつ「人類の顔に対して私はかわいいと思うことがあまりなくて…。だから自分の顔が並んでいても、自分的にはダメ。まだちゃんと自分に自信を持てていないと思います」と率直な思いを語った。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ