エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

石田ゆり子、「ジュエリーベストドレッサー賞」 22年ぶり受賞で「宝石はお守りのような存在」

40代部門を受賞した石田ゆり子

 過去1年を通じて“最も輝いていた人”“最もジュエリーが似合う人”を世代別に選考し表彰する「第28回 日本ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式が24日、東京都内で行われ、受賞者の中条あやみ、西内まりや、柴咲コウ、石田ゆり子、賀来千香子、桃井かおり、三浦春馬、卓球リオ五輪銅メダリストの福原愛選手、体操リオ五輪金メダリストの内村航平選手が出席した。

 来月成人する中条は10代部門を滑り込みで受賞し「10代最後にすてきな賞がいただけてうれしい。いただいた宝石のようにいろいろな方に磨かれて、自分でも磨きをかけてキラキラ輝けるように頑張りたい」と笑顔を見せ、20代部門受賞の西内はアクセサリーが映えるようにと着物をアレンジした衣装で「大切な誕生日やクリスマス、特別な日に男性からいただきたいという夢はあります。今すぐではないですけど、結婚はしたいですね」と乙女心をのぞかせた。

 30代部門の柴咲は、表彰式前に第28回国際宝飾展を見て回りたいそう感激したようで「今後は普段からも身に着けたい。いくら宝石が美しくても中身が伴わないと意味がないと思うので、歳を重ねるごとにもっと宝石が似合う人物になれれば…」と意気込んだ。50代部門に選ばれた賀来も「小さいころは自分も大きくなっていつかすてきな宝石が似合う女性になれたらと心を輝かせていましたが、今日一気にその夢がかなったような気がします」と喜んだ。

 また、石田は第6回で20代部門を受賞しており、今年は40代部門に選ばれた。「確か25歳くらいだったかなと思いますが、そのときは本当に子どもで、アクセサリーと自分にとても距離があって、着けると緊張するような存在でした」と苦笑しながら懐かしみ、「そこから22年たって47歳。宝石やジュエリーというものがいかに自分にとってお守りのような存在になっているか、ここ10年くらいですごく感じています」と宝石への感謝を述べた。

「第28回 日本ジュエリー ベスト ドレッサー賞」受賞者
 10代部門   中条あやみ
 20代部門   西内まりや
 30代部門   柴咲コウ
 40代部門   石田ゆり子
 50代部門   賀来千香子
 60代以上部門 桃井かおり
 男性部門    三浦春馬
 特別賞女性部門 福原愛
 特別賞男性部門 内村航平


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ