エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

比嘉愛未、塚本高史を“罵倒”し“消耗” 「内心震えていたんですが頑張りました」

シングルマザーを演じた比嘉愛未

 東京・足立区発ドラマ「千住クレイジーボーイズ」の試写会が19日、東京都内で行われ、出演者の塚本高史、小池徹平、比嘉愛未、北村有起哉が出席した。

 このドラマは、足立区の「北千住」こと千住地区が舞台。かつては一世をふうびしたものの今や人気ガタ落ちのアラサーピン芸人・恵吾(塚本)は、貯金も底をつき、昔組んでいた漫才コンビ「クレイジーボーイズ」の相方・行(小池)の家に転がり込む。

 “オール千住ロケ”だったそうで、主演の塚本は「ヤンキーや怖いひとが多いのかなと思ったら、全然そんなことなくて人情味あふれる街だった。それが映像に出ていると思う」とニッコリ。初共演となった小池については、「初日の撮影が2人の漫才シーン。(初対面なので)基本的に“やりにくいな”というのがあったけど、気持ちよくできたという感触が初日からあった。一緒にできてよかった」と相性の良さを明かした。

 一方、足立区に引っ越してきたばかりのシングルマザーを演じた比嘉は、印象的なシーンとして、塚本演じる恵吾を「罵倒するシーン」を挙げ、「あれが初日の撮影。塚本さんに“言わなきゃ”と内心本当に震えていたんですが頑張りました」と述懐。「いろんな意味で消耗するし、あまりそういう言葉は使いたくないなと思いました。(視聴者には)言葉は礼儀正しく使いたいと思ってもらえたら」と苦笑いでアピールした。

 そのシーンを振り返った塚本は「ものすごくののしられました。とても怖かった」と笑わせつつ、「比嘉さんが(本当は)いい人というのは知っているけど、比嘉さんの中には、ああいう気質があるんだな」と冗談も。

 比嘉の印象を問われた小池も「比嘉さんは沖縄の話となると『いいところだよ』って自慢してくる。沖縄が好きなんだというのがすごく伝わってくる」と続き、これには比嘉も「なんか私の印象って沖縄しかないんですかね。すごくショック…」と不満顔だった。

 ドラマはBSプレミアムで2月15日、午後10時から放送。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ