エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

窪塚洋介「どこの馬の骨とも分からないこの俺に…」 スコセッシ監督に感謝の思いを伝える

作品に対する熱い思いを語った窪塚洋介

 映画『沈黙―サイレンス―』のジャパンプレミアが17日、東京都内で行われ、出演者の窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、マーティン・スコセッシ監督が登壇した。

 本作は、遠藤周作の歴史小説『沈黙』と出会ったスコセッシ監督が、28年の時を経て映画化したもの。

 17世紀の江戸時代初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いた宣教師の目に映った想像を絶する出来事を通して、人間にとって本当に大切なものとは何かを描く。

 万雷の拍手で迎えられたスコセッシ監督は「アリガトウ」と日本語であいさつ。「皆さん、本当に素晴らしいパフォーマンス、頑張り、そして 深みを見せてくれました」と日本人キャストに賛辞を送ると「僕ができることは、それを形にして映像として見せることだけ。編集にも1年半かかったのですが、それだけ精魂込めて作りました」と語った。

 悩める信徒キチジローを演じた窪塚は「極東のどこの馬の骨とも分からないようなこの俺に、マーティン・スコセッシ監督が毎日どれだけ敬意を払ってくれていたことか」と撮影を述懐。

 「そのあふれるような敬意を僕らは感じて、毎日、夢の中で仕事をしているみたいでした。どれだけ山の寒さが厳しかろうが、どれだけ長い間正座をさせられて古傷が痛もうが、どれだけ長いこと待ち時間があろうが、そんなもの“幸せの一部だろう”と思うぐらい幸せな時間を過ごさせてもらいました」と感謝を述べ、「今日、この場所が僕の役者人生の最良の日です」と喜びを語った。

 続けて「俺たちは和の国の民です。ピース(平和)とか、コンパッション(思いやり)とか、リレーションシップ(結びつき)とか、和の心を持っています」と語り、「この映画、そしてスコセッシ監督の思い、遠藤周作さんの思いが、皆さんのところに届いて、より良い明日が来ることを俺は信じて疑いません」と言葉に力を込めた。

 これには通辞役の浅野も「窪塚さんの後に何を言っていいのか…」と困惑しつつも、「僕も本当に幸せでした。監督は、常に僕らの繊細な表現を見守ってくれました。その優しさと、一緒に物を作ってくれる姿勢には学ぶところがありました」とコメントした。

 隠れキリシタンのモキチを演じた塚本も「窪塚さんのあいさつを聞いたら、全部吹き飛んじゃった」と苦笑いしつつ、「モキチは敬虔(けいけん)なクリスチャン。僕自身は特別な宗教を持ち合わせていないのですが、自分の中で“スコセッシ教”を作りました。監督のためなら何でもできる。監督の言うことを全部聞いて、全てを捧げようと思いました」と明かした。

 映画は1月21日から全国ロードショー。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ