エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

「日本アカデミー賞」『怒り』が11部門で最多受賞 宮崎あおいと広瀬すずは優秀主演&助演女優賞をダブル受賞

「第40回日本アカデミー賞」授賞式で司会を務める西田敏行(左)と安藤サクラ

 「第40回日本アカデミー賞」優秀賞発表記者会見が16日、東京都内で行われ、授賞式で司会を務める西田敏行と安藤サクラほかが出席した。

 優秀作品賞は『怒り』『家族はつらいよ』『シン・ゴジラ』『湯を沸かすほどの熱い愛』『64-ロクヨン-前編』の5作品で、優秀アニメーション作品賞には『君の名は。』映画『聲の形』『この世界の片隅に』『ルドルフとイッパイアッテナ』『ONE PIECE FILM GOLD』の5作品が選ばれた。

 中でも『怒り』は、李相日監督が優秀監督賞と優秀脚本賞を、優秀主演女優賞を宮崎あおい、優秀助演男優賞を妻夫木聡と森山未來、優秀助演女優賞を広瀬すずが受賞するなど、計11部門で受賞したほか、佐久本宝も新人俳優賞に選出された。

 また『シン・ゴジラ』が10部門で受賞したほか、宮崎は『バースデーカード』で優秀助演女優賞を、広瀬は『ちはやふる-上の句-』で優秀主演女優賞をそれぞれダブル受賞した。

 日本アカデミー賞協会 組織委員会の副会長を務める西田は「昨年の授賞式では頚椎をけがしまして、まったく身動きのできない状態のまま司会を務めさせていただいて…」と謝罪を込めて振り返り、「今年はなんとか体も動くようになりましたし、授賞式を楽しく、滞りなく進行できるよう努めたいと思っています」と語った。

 一方『百円の恋』で昨年の最優秀主演女優賞を受賞した安藤は「昨年、受賞が決まった時に皆さんからお祝いの言葉と同時に『来年大丈夫?』とすごく心配していただくことが多かった」と苦笑交じりに明かし、「この1年、ずっと忘れることなく『来年は司会だ、司会だ』と過ごしておりました」と笑わせた。

 緊張や不安、プレッシャーなどを吐露しながらも「すごい方々と一気にお会いできることはなかなかないので、一映画ファンとしても会場の空気を堪能したいと思っています」と語る安藤に、西田は「不安や心配する自分を含めて楽しんでいただける。そういうキャパシティを持っている女優さんで、表現者だと思う」と期待を口にした。

 授賞式の模様は3月3日午後9時から日本テレビ系で放送。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ