エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

綾瀬はるか、ジェスチャー対決で“天然さく裂” “突っ込み”堤真一「こんなん減点やろ!」

綾瀬はるか(左)と堤真一

 映画『本能寺ホテル』の公開直前イベントが11日、東京都内で行われ、W主演した堤真一と綾瀬はるか、鈴木雅之監督が登壇した。

 現代人の繭子(綾瀬)が、「本能寺の変」の前日にタイムスリップして織田信長と出会う歴史エンターテインメント。この日は、作品の内容にちなみ堤と綾瀬が“天下分け目の三番対決”を実施した。

 最初は、的の大きさによって点数の異なる「射的対決」。「大物狙いで行きます」と宣言した綾瀬は、1発目から「大将」を撃ち落とすなどして、最終的に合計170点を獲得した。鈴木監督から「スター性を感じた」と絶賛された綾瀬は「射的はあまりやったことはないけど、銃はちょっとやったことがあるので」と照れ笑い。「銃?」という突っ込みに、「大河ドラマで…」と言い直すなど、おなじみの天然っぷりを発揮した。

 一方、「こんなのうまいも下手もあるかい!」と勇んだ堤だったが、1発目からまさかの失敗。合計40点に終わった堤は「(玉の)詰め方とかに何かあるんじゃないの?」とスタッフの“綾瀬びいき”を疑いつつ、「面白くないね」と負け惜しみ全開だった。

 続いては観客に協力してもらう「戦国ジェスチャー対決」。後がないため「勝ちに行く」と息巻いた先攻の堤は、「手裏剣」、「相撲」、「能」、「鉄砲隊」と次々とジェスチャーを披露。見事、回答者から正解を引き出した。

 後攻の綾瀬も「ちょんまげ」「切腹」「ホトトギス」と身振り手振りで次々に回答者を正解に導くが、「本能寺の変」では、映画のバックパネルを指差しながら、必死になるあまり、「本能寺の…へんっ!」と正解を口に出してしまう一幕も。「言っちゃった!」と慌てた様子で、会場を爆笑に包んだ。結果、それぞれ「4正解獲得」で引き分けに。綾瀬によるまさかの“正解読み上げ”はアウトになったものの、堤は「こんなん減点やろ!」とボヤきながら突っ込んでいた。

 最終戦は「忍者」というお題で「絵心対決」を実施。「絵はめちゃめちゃ下手です。(描けるのは)アンパンマンぐらい」と自信なさげに挑んだ堤だったが、いざ描き終えると「おれ、意外といけたかも」と満足げに微笑んだ。

 一方、なぜか“目隠しした”忍者を描き上げた綾瀬は、堤が描いた“口元”を隠した忍者を見て「隠すのはココか!」と自分の間違いを発見。堤から「それは犯人やないか!」と強烈な突っ込みを受け、苦笑いだった。

 最終戦に勝ち、総合勝利を手にした堤は、綾瀬に対し「残念でした。お疲れさまでした」とドヤ顔を披露。「最初に(射的で)点数を取ってたから勝てると思っていたのに残念です」と悔しがる綾瀬に、堤は「(最終的に)こうなるというのは分かっていたからね」としたり顔だった。

 映画は14日から全国公開。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準々決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝(10月25日開催)のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準々決勝 マッチスケジュール  試合日 … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ