エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

福士蒼汰、“初デート”に最適なのは「映画」 自分の意見より「相手の見たいもの」

主人公・高寿を演じた福士蒼汰

 映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の完成披露舞台あいさつが23日、東京都内で行われ、出演者の福士蒼汰、小松菜奈、東出昌大、山田裕貴、三木孝浩監督が登壇した。

 「泣ける!」と話題のベストセラー恋愛小説を三木監督が実写化。京都を舞台に、せつない運命を背負ったカップルの、かけがえのない一瞬一瞬をみずみずしく描き出す。

 小松演じるヒロイン・愛美に一目ぼれして告白する主人公・高寿(たかとし)を演じた福士は、劇中の“胸キュンポイント”を聞かれると「(下の)名前を呼び合うシーン」と回答。「自然にならフワっといけるけど、あらためて“名前を呼び合おう”と決めて呼び合うシーンがあって…。あれは僕も演じていて恥ずかしかったです」と照れ笑いを浮かべた。

 一方の小松は、「私は高寿が(愛美を)初デートに誘う時の電話のやり取りの感じがすごくかわいいなと思いました」と紹介。メールではなく電話というのがポイントらしく、「高寿が電話で“ほにゃほにゃ”しているんですよ。それがかわいらしいなって」と笑顔を見せた。

 また「好きな人を最初にデートを誘うとしたら?」という質問に、三木監督が「まだ付き合ってないなら映画館かな」と答えれば、福士も「監督と一緒で映画。それしか思いつかない」とキッパリ。「2人の距離も近いけど、目的が映画にあるので“話さなきゃいけない”みたいなシチュエーションにならない。ちょっとズルができるというか、最初のデートに最適だと思う」と理由を語り、ジャンルについては、「相手の見たいものにします。自分の意見は結構どうでもいい」と紳士的な一面を垣間見せた。

 対する東出は「マイペースなんですが、釣り」と挙げ、「海釣りが好きなので。釣ったら一緒にご飯を食べられるし、夜2人で台所に立ったりしても楽しいと思う」とメリットも語った。最終的にどのプランが魅力的かを問われた小松は「映画がいいです。釣りは何時間も待たなきゃいけない。結構苦痛ですよ」と笑い、自分としては「好きな人とだったら、公園とかでいいです。その辺フラフラするだけで」と語っていた。

 映画は12月17日から全国東宝系にてロードショー。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ