エンタメニュース
エンターテイメント情報、芸能ニュース

“ミスター・サイゴン”市村正親、帝劇卒業で新たな夢語る 祝福に駆けつけた堂本光一の前で「また立ちたい」

“ミスター・サイゴン”こと市村正親

 上演回数1426回を誇るミュージカル「ミス・サイゴン」が帝国劇場公演・千穐楽を迎え、2014年の公演を病気のため途中降板し、今回2年ぶりに復帰したエンジニア役の市村正親を祝福しようと、カーテンコールに堂本光一が駆けつけた。

 本作は1992年の日本初演以来25年目の上演となり、“ミスター・サイゴン”こと市村は上演回数のうち839回でエンジニア役を務めた。「ミス・サイゴン」に次いで1422回にわたり上演されている「SHOCK」に主演し、市村と親交のある光一が100本のバラの花束を持ってステージに現れると、観客は驚きとともに大きな拍手で迎えた。

 光一は「市村さんは『SHOCK』に観劇に来てくださってステージにもお祝いに駆けつけてくださったので、何か恩返しはできないかと考えていてこの機会をいただきました。皆さんが作り上げた空間に今僕が立っているのは、カンパニーの皆さんにもお客さんにも恐縮で申し訳ないです」と帝国劇場公演を完走したカンパニーをねぎらった。

 花束を受け取った市村はこの公演を持ってエンジニア役卒業をかねて明言しており、「僕がエンジニアのファイナルだからエンジニア(の後継)を狙っているでしょ。それっぽいよ」と冗談めかして笑わせ、何度もこっそり観劇に訪れていたという光一から「個人的な意見としてはまだ見たい」と懇願されると「卒業ね。まだ見たい?」とほほ笑んだ。

 さらに市村は「今回、卒業という形をとっていますが、また夢ができちゃった」と瞳を輝かせ、「たしか『ミス・サイゴン』はオリンピックごとにやっているので、もしまた帝劇でやるとしたらまた(舞台に)立ちたい。4年後に2度目の東京オリンピックを迎えるから、またやれという空気があれば…、やっていいかな」と客席に呼びかけた。

 その後、あらためてステージの中央に立った市村は「本日は私の卒業式にようこそおいでくださいました」と感謝を述べ、「また新たな目標ができました。目標に向けて精一杯、健康にも体力にも気をつけていきたい。また僕の『ミス・サイゴン』の“入学式”で皆さんにお会いできたらいいなと思っています」と意欲を語っていた。

 ミュージカルは全国公演へと移り、岩手、鹿児島、福岡、大阪、名古屋の5都市をまわる。


K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

第97回天皇杯 トピックス

準決勝マッチスケジュール決定

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝のマッチスケジュール(キックオフ時間、試合会場)が下記の通り決定した。 ◆第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 マッチスケジュール  試合日:12月23日(土・祝) … 続きを読む

ふるさと発見 新聞社の本
DRIVE & LOVE
11月11日はいただきますの日
野球知識検定
キャッチボールクラシック
共同通信社バナー競輪
このページのトップへ