KK KYODO NEWS SITE

ニュースサイト
コーポレートサイト
search icon
search icon

「Re:リベンジ」最終話 ラストの展開に「寒気を感じる」「予想を裏切られた」 “海斗”赤楚衛二と“大友”錦戸亮の表情に注目集まる

(C)フジテレビ

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ-欲望の果てに-」(フジテレビ系)の最終話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 天堂記念病院の理事会が開かれた。理事長の天堂海斗(赤楚)は、会長である天堂皇一郎(笹野高史)の同席のもと、医師の大友郁弥(錦戸亮)を解任しようとする。その時、朝比奈陽月(芳根京子)と、真相を知る医師・若林雄介(橋本淳)が現れる。

 若林は陽月の妹・朝比奈美咲(白山乃愛)の死因と医療ミスの隠蔽(いんぺい)について告白し、全ては海斗の指示だったと証言する。皇一郎は海斗から事実確認を行い、後日改めて報告すると話す。

 そして、病院で働く人や患者のためにも、この問題の扱いは慎重に検討したいと話し、遺族である陽月もそれを了承する。しかし、院長の小笠原哲也(古舘寛治)は、この場で白黒つけるべきだと主張し…。

 最終話では、改心した海斗が理事長を辞任することを決意。大友と手を組み、会長の皇一郎が犯してきた罪を追求し、失脚させることに成功する。そして、海斗は会見を開き、天堂記念病院の解散を発表。その後、記者として復職するのだった。

 だが、ラストシーンでは、無償譲渡された病院の新理事長に大友が就任。理事長の椅子に座った大友が不敵な笑みを浮かべ、海斗が報道で、この事実を知る場面でドラマは幕を閉じた。

(C)フジテレビ

 放送終了後、SNS上には、このラストの展開について「衝撃的なラスト。理事長の椅子にこだわっていたのは郁弥だったということが明らかとなる終わり方は、寒気を感じた」「海斗は郁弥にうまく引きずり下ろされた。幕は引いたと思ったけれど、郁弥がまた上げたから続編があるのかな」「いろんな人のリベンジだと思って見ていたけれど、最終的に大友先生が海斗より一枚も二枚も上手だった」といった感想が投稿された。

 また、ラストの赤楚と錦戸の演技に対して、「ラストの海斗の表情が困惑、ぼうぜん、いら立ち、怒りに満ちていて良かった」「ラストの錦戸くんの顔が最高! ドキドキが治まらない」といった反響も集まった。

 このほか、「ストーリー展開が全然読めない新鮮なドラマだった。めちゃくちゃ面白かった」「最終回、視聴者の予想を何度も裏切る見事な展開にびっくり」「老いてなお欲にまみれた会長役の笹野高史さんが怪演だった」といった声も寄せられた。

(C)フジテレビ

編集部からのお知らせ

新着情報

あわせて読みたい