KK KYODO NEWS SITE

ニュースサイト
コーポレートサイト
search icon
search icon

「さっちゃん、僕は。」平野紫耀の弟・莉玖の登場シーンが“最高” 「莉玖くんの演技が自然体」「学園LIFEがリアルでいい」

(C)『さっちゃん、僕は。』製作委員会

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第1話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村)が、地元に残してきた彼女(中山ひなの)と、隣に住む人妻(石川恋)の間で揺れ動く、裏切りから始まる純愛と破滅のストーリー。

 京介は大学進学のため、地元を離れ一人東京で暮らしている。地元にいる中学時代から交際中の彼女・小山内早智(中山)と遠距離恋愛中で、平穏な大学生活を過ごしていた。

 一方、早智は京介に手紙を書いて、返事が来る日を楽しみに待っている。そんな日々が過ぎ、早一年。

 ある日、京介は偶然拾った落とし物を届けるため、隣人の部屋を訪ねる。出てきたのは風呂上がりで色香のある大人な女性、国木田紫乃(石川)だった。目のやり場に困りながらも、京介は部屋を後にした。

 その日以来、何度か紫乃に声を掛けられていたが、紫乃が旦那(桜田通)といる所に出くわし、結婚をしていることを知る。今まで紫乃に投げ掛けられた言葉に嫌悪感を持ちながらも、紫乃のある一言で、京介は一歩踏み出してしまい…。

 第1話では、冒頭から過激な濡れ場シーンが描かれた。

(C)『さっちゃん、僕は。』製作委員会

 放送終了後、SNS上には、「まさか序盤からこんなに過激だとは。木村慧人くん、頑張った」「きゃー初めから激しいわ。衝撃だけど、深夜枠はこうでないとね」といった声や、「『僕は君に言えない秘密ができました』という京介の声が良過ぎる」「慧人くんの脱いだときの背中が、めっちゃきれいで美しかった」などのコメントが投稿された。

 また、Number_iの平野紫耀の弟・莉玖が、京介の大学の友人・文也役で出演していることから、「エンドロールに『平野莉玖』って出てきたのが、うれし過ぎる」「文也くん、こんな大学生いるいるって感じの大学生で最高」「莉玖くんの演技が自然体でいい。何度見ても登場シーンが最高」「ドラマの中で、文也に癒やしと安心を届けてもらった」「学園LIFEがリアルでいい。莉玖くんがどんどん活躍してうれしい」といった反響が集まった。

(C)『さっちゃん、僕は。』製作委員会

編集部からのお知らせ

新着情報

あわせて読みたい