生活情報のコラム

【スピリチュアル・ビートルズ】ビートルズを崇拝するスティーブ・ルカサー ポールやリンゴと一緒に仕事

リンゴのオールスターバンドに参加したスティーブ・ルカサー(写真左から2人目)。「RINGO ROCKS: 30 YEARS OF THE ALL STARRS」より。
リンゴのオールスターバンドに参加したスティーブ・ルカサー(写真左から2人目)。「RINGO ROCKS: 30 YEARS OF THE ALL STARRS」より。

 TOTOのギタリストなどを務めるスティーブ・ルカサー(ルーク)は多くのミュージシャンのレコーディングに参加する腕利きとして知られる。そのルークが長いキャリアの中でもとびぬけて素晴らしい経験だとするのが、崇拝するビートルズの2人――ポール・マッカートニー、リンゴ・スターと仕事を共にしたことである。

 ポールとの出会いは、ルークがマイケル・ジャクソンのアルバム『スリラー』の制作に参加した時のことだった。ルークとジェフ・ポーカロ、デビッド・ペイチが呼ばれた。TOTOの代表作となる『TOTO IV~聖なる剣』がリリースされた’82年春のことだ。

 最初に取り組んだのがマイケルとポールのデュエット「ガール・イズ・マイン」だった。ルークはいう「俺は初めてビートルズのメンバーに会えるんで夢心地だった。彼らこそ自分が音楽を始めるきっかけだったからだ」(「スティーブ・ルカサー自伝」DU BOOKS)。

 ポールとリンダ、ジョージ・マーティン、そしてビートルズつきのエンジニア、ジェフ・エメリックが部屋に入って来ると、ルークはすっかりおじけづいてしまったという。「同じ部屋、手が届くくらいの距離に偉大な人たちがいる・・・彼らが俺の人生を変えたんだ」。

 ジョン・レノンが殺されてからまだ2年も経っていない頃で、警備員の数が異常に多かったことがルークの印象に残った。ペイチがスティービー・ワンダーの「愛するあの娘に」をプレーし始め、ドラムのジェフ・ポーカロ、エレクトリック・ピアノのデビッド・フォスター、ベースのルイス・ジョンソン、ギターのルークも加わると、マイケルがそれに合わせて歌い始め、ポールも加わった。それがポールの気持ちをほぐしたという。

 セッションのあと、ルークはポーカロ、ペイチらと隣の部屋でマリファナ煙草に火をつけて一発きめていたという。するとポールとリンダが入ってきた。ポールは「ミュージシャンたちのにおいがする!」と言って、二人も一緒に「くつろいだ」。

 『TOTO IV~聖なる剣』の’83年2月下旬の第25回グラミー賞授賞式のあとに、ルークはポーカロとともにロンドンに飛んだ。ポールの『ヤァ!ブロード・ストリート』のサントラに参加するためだった。ルークらは気まずかった。というのは、彼らのアルバムがポールの『タッグ・オブ・ウォー』を抑えて最優秀アルバム賞をとっていたからだった。

 ポールは会うと開口一番ジョークを飛ばしてきたという。「知ってるだろ、ビートルズは一度もグラミー賞をもらったことがないのさ」と。しかし実際は、『サージェント・ペパーズ』でビートルズは最優秀アルバム賞をとったことがあった。

 サントラ用に、ウィングスの「心のラブ・ソング」に取り掛かった。オリジナルよりファンキーな出来となった。ポール、ジョージ・マーティン、ジェフ・エメリックは「最強のチームで、彼らが一緒に仕事をする様子は圧巻だった」とルークは振り返った。

 その仕事は2週間に及んだ。ルークたちはその間ほとんど毎日のように、ポール、リンダ、ジョージ・マーティン、ジェフ・エメリックと昼飯を食べたという。ルークはいう「リンダは愛らしくて、よく笑い、これ以上ないってくらい素敵な人だった」。

 ルークらバック・バンドのメンバー全員はあらかじめ、何があってもポールにビートルズのことを聞くなと言い渡されていたという。ある日、ルークはリンダにそれを言うと、リンダは「何ですって? そんなのバカげてるわ」と答えたという。

 ルークは試しに、リンダのメロトロンで「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のイントロを弾いてみたという。ポールは最初驚いたものの、そのあとでビートルズの曲にまつわる話をいくつか披露してくれたのだという。

 そのまま、ルークらは「プリーズ・プリーズ・ミー」を演奏し始めると、ポールが飛び入りで参加した。ルークはいう「決して忘れられない、魔法のように素晴らしい体験だった。演奏が終わるとスタッフ全員が拍手してくれた」。

 ルークはポールに、ビートルズ・マニアとして思いつく限りの質問をした。一番印象的だったのは「ジョンやジョージ(・ハリスン)やリンゴについて話す時、彼(ポール)の顔がいつもパッと明るくなったことだ。ポールの話はたいてい『僕とやつらが何々した時・・・』で始まった。だから、彼らがポールにとってどれほど大切な存在か、すぐにわかったんだ」とルークは思ったという。

 さらにルークはリンゴとも仕事を一緒にすることになる。2011年の暮れのこと、ルークは翌年のリンゴ・スター・アンド・ヒズ・オール・スター・バンドに参加しないかと誘われた。「それが俺の人生における、この上なく素晴らしい新たな章の幕開けだった」。

 2012年夏、ルークはバンドに参加する段になると「すごく緊張した。理由はただ一つ、リンゴに気に入られたかったからだ」。リハーサルのためにカジノ・ラマというカナダのリゾート施設に着いた初日の夜、初めて本物のリンゴと対面した。リンゴはルークをきつくハグすると「君の幸運を祈るよ、じゃあ、僕はそろそろ寝るから」と言ったという。

リンゴがオールスターバンド結成30周年を記念して出版した限定本「RINGO ROCKS: 30 YEARS OF THE ALL STARRS」(洋書)。
リンゴがオールスターバンド結成30周年を記念して出版した限定本「RINGO ROCKS: 30 YEARS OF THE ALL STARRS」(洋書)。

 ルークはリンゴのプレーを評価しない批評家たちに反駁している。「リンゴこそ史上最高のロック・ドラマーだ・・・リンゴはドラムをロックンロールの前面に押し出したんだ」、「彼はビートルズのどのレコードにも独特なスウィングを持ち込んだ」という。

 「他のどのドラマーを代わりに据えても、ビートルズはまったく違うサウンドのバンドになっただろう。このことはもっと認識されるべきだ」とルークは力説する。

 リンゴはルークについて次のように語っている――「スティーブは僕が今までに会った中で最も素晴らしいミュージシャンの一人だ・・・僕はスティーブを“僕の最後の親友”と呼んでいる。彼は僕とバーバラにとって本当に家族のような存在になったのだ」(「Ringo.Rocks 30 years of the All Starrs 1989-2019」Julien’s Auctions)。

文・桑原亘之介

全国選抜小学生プログラミング大会
Willfriends
オンラインイベントポータル
スポーツ歴史の検証
スポーツ歴史の検証

K.K. Kyodo News Facebookページ

ニュース解説特集や映像レポート、エンタメ情報、各種イベント案内や開催報告などがご覧いただけます。

矢野経済研究所
ふるさと発見 新聞社の本
野球知識検定
キャッチボールクラシック
このページのトップへ